iPhoneが故障!正規店での即日予約で当日修理成功の実践記!

パソコン
LoboStudioHamburg / Pixabay
スポンサーリンク

買ったばかりのiPhone XR。

電話をしようとしたら画面が真っ黒になって操作不能!

あれ、変だな。電話も切れないし、操作不能、どうなってんの?

相手は話しているし、こちらも話ができるけど、何も操作ができない!

iPhone が壊れるととても困ります。

細部にこだわるApple製品であっても、機械のことですから不良品が全くゼロということはあり得ません。

運悪く初期不良に当たった?ん〜、修理に出すしかないのか?面倒だなー。

今回は初期不良でしょうが、故障や破損でApple正規店で修理をしてもらいたいことって、ありますよね。

「街の修理屋さんも安くていいけれど、やっぱり、正規部品を使って修理してもらいたいって!」

しかしアップル正規修理センターにいきなり行けば、数時間待ちは当たり前。
一方、予約すれば待ち時間は0です。

ところがアップルの正規サービスセンターはいつも予約がいっぱいで、すぐには修理してもらえないです!!

普通に予約すれば数日後の予約となります。
 
ですが、今回当日予約に成功して当日中に修理が終わりました!
 
できれば、即刻修理してほしい、今回はそんなあなたへの記事です。
 
事の成り行きを順を追って説明していきますので、当日予約の方法を早く知りたい人は目次のリンクからどうぞ!
スポンサーリンク

iPhoneの修理に到るまで:キャリアに連絡しても無駄

johnhain / Pixabay

 

さて、初期不良で、購入後1年経っていない機器であれば、Apple正規サービスで無料で修理してもらえます。

また、新型iPhoneは水没の故障はほぼないでしょうが、自分の不注意で壊しても、AppleCareに入ってれば、当然、Appleの正規店で修理してもらうことになりますよね。

今回私の場合は電話をしようとすると、画面が真っ暗になって、そのまま。

顔を離しても、バックライトがつかず、iPhone XRはホームボタンもないので操作不能なるというものでした。

近接センサーがうまく機能していないような動作です。

近接センサーとは、上部の電話スピーカーの横にあるセンサーで、そこを顔や手で塞ぐと画面が真っ暗になって、電話中の誤操作が避けられる仕組みなんですね。

そして顔を話すとバックライトがついて、操作が可能になるようにできているのです。

今回は、それが元に戻らず真っ暗のままだったのです。

再起動をかけてもダメ、iOSは最新です。

こんな時、まずはSoftbankやDOCOMOなどのキャリアに連絡する人もいるかもしれません。なにしろ買ったばかりなんですから。

実は私もSoftbankに連絡しましたが、

無駄でした。

Softbankのチャットで症状を伝えましたが、あっさりと「そのような故障の場合は、Appleにご相談ください」と言われてしまいました。

ひょっとしたら、初期不良で新品を送ってきてくれて、それと交換、なんてことにならないかな?それなら楽なんだけどな〜と、淡い期待を抱いていましたが、無駄な努力でした。

その後、言われた通りAppleに電話をして、やり取りをしましたが、かかった時間は約1時間。

結局は「修理か交換になるので、修理センターに予約してください」という事になりました。

ひょっとして設定で治るかもしれない?と思う人は、下記の番号に電話をして相談してもいいかもしれません。

0120-277-535

今回私がAppleサポートの電話でやったことは、

  1. 設定ー>一般ー>情報ー>IMEIを伝える。
  2. 設定ー>一般ー>プライバシー解析で、新規に解析する
  3. パソコンのiTunesに接続して復帰させて(工場出荷状態に戻す)同じ症状が出るかどうかを確認

以上を試してダメだったので、ハードウェアの故障だろうということで、修理に出すように言われたという顛末です。

ある程度iPhoneの知識があるのでしたら、上記は自分でやっさとやって、その間に即予約を入れたほうが早いですね。

iPhoneって、設定でどうこうという機器ではないですからね。

さて、修理センターの予約はすごく混んでいます!

Apple サポートのお姉さんが、修理の予約を取ろうとしてくれましたが、ダイレクトに予約を入れている人の方が早くて、話している間にどんどん予約が詰まってアウト!結局は自分で予約することになりました。

Apple正規修理センターへの予約

ということで、Appleの公式サポートページから予約を試みました。

iPhoneの修理サービス

ですが正規店はなかなか予約が取れません。1週間先まで予約が取れるようになっているのですが、どこもいっぱいで予約ができません!

最初は仕方がないので、空いているところで良さそうなところを予約しようと思ったのですが、

ですが頑張れば、実は即日予約修理も可能なんです。

今回私がやった方法を書いておきますね。

まずは、上記サービスで、「修理を申し込む」のリンクから予約画面に進んでいきます。

注)修理に出すときは、事前にバックアップを取っておきましょう。持ち込んだ際に初期化されたり、新品交換になることもありますから。

そして、修理と物理的な損傷を選びましょう。

そうすると、症状別のサポート画面になりますので、一番近い症状を選びます。次の画面でApple IDでのログインを求められます。

入力が終わると、Apple 正規サービスプロバイダかGenius Bar (Apple直営の修理センター)の検索画面になります。

(基本的にどちらも差がありませんが、お店によっては即時修理ができないところもあるようです)

ですが、検索をかけても予約が取れるお店はほとんどないと思います。

「ゲッ、iPhoneてそんなに故障するのかなっ」て思いましたが、確かにこれほど沢山売れていると、故障に限らず損傷は結構あるでしょうから、仕方ないですね。

 

ですが、これでは予約のしようがありません!

「明日もう一度修理拠点をチェックしてください」と書いてありますが、そんな悠長なことは言っていられません。

空いていても、数日先や、自分にとって都合のつかない日時ってことも多々あります。

頑張って、Apple正規修理センターで自分の都合の良い日時に予約を入れる

では、どうするかと言いますと、再検索を根気よくかけるのです。

その際、上記のように一度どこかのサポートセンターを選択してしまうと、再検索でエラーになりますから、一旦前の画面に戻らなければなりません。

なので、自分の狙った日時が表示されるまでは、お店を選択せずに、ひたすら再検索しましょう。

ただ単に、検索ボタンを何度も押すだけです。

さらに、確率を上げるためには、iPhoneが作動するのでしたら、iPhoneも使いましょう。

APPStoreで「Appleサポート」というアプリをダウンロードして、一番下の「サポートを利用する」をクリック。

次に自分のiPhoneをクリックー>パソコンと同じく(修理と物理的な損傷)をクリックー>症状をクリックー>持ち込み修理をクリックー>すると近くのストアがずらっと出てきます。

これで空きがなければ、左上の「閉じる」をクリックして前の画面に戻り、再度「持ち込み修理」をクリックして、空きが出るのを待ちます。

パソコンとiPhoneでこれを繰り返せば、だいたい15分程度で空きが出るはずです^^

下の画像のように予約可能になれば、曜日や時間が青色の文字で表示されますので、

即クリックして予約してください。

 

パソコン画面↓

 

iPhoneの画面↓

一分一秒を争います!!

とにかく予約入れちゃいましょう!

その時間が気に入らなくても、その時間に行ける可能性があるのでしたら予約しちゃいましょう。

そして、さらにこれを繰り返せば、良い時間が空いて来るはずです。

 

予約が取れればメールで予約完了のお知らせが届きます。

必要のない予約は、「予約内容の管理」をクリックして、ちゃんとキャンセルしてくださいね。

それで、次の人に予約を回せることになります。

この仕組みで、ポツポツと空きが出るんですね。

まとめ

今回で iPhone を修理に出すのは2回目です。
 
前回は、買ったばかりの iPhone 7 S Plus を水没させて、新品交換してもらいました。
 
今回は、初期不良に当たってしまい、スクリーンの交換になりました。
 
前回は今回の方法を知らずに、ただ単にパソコンの画面に出てきた日時で都合がつく枠を予約して、センターまで行ってきました。
 
今回は、土曜の朝に SoftBankとAppleサポートとのやり取りの後、なんとか土曜日中に修理ができないかと思ってやってみた結果です。
 
 
この方法でやれば、意外とポツポツと空きが出ることがわかりました。
 
修理でアップルに行くなんてあまり嬉しくはありませんが、今回の記事があなたの参考になれば幸いです。
 
Let’s challenge!
 

いいこと聞いた!早速やってみよう 😛