モンブラン ボールペン|替え芯の種類と書き味抜群の互換品交換法!

モンブラン互換インク 節約
スポンサーリンク

モンブランは手に持って書き始めるとなんとも言えず、バランスが取れて書き易い!

手が滑ることもなく美しい字が書ける!?重からず軽からず。しかも大人の満足感を味わえる逸品だと思っています。

ある程度の年齢になったら、100円のペンではなく、モンブランを普段使いしたいものですね。

MONTBLANCとても優秀なペンなのですが、リフィル(替え芯)が高い😂

1本だと1000円以上、2本セットでやっと1本の値段が1000円を切るというところでしょうか。

モンブランを使っているのだから、そんなせこいこと考えないよ、という方はいいのですが、モンブランボールペンのインクの書き味は必ずしも最高というわけでもありません!よね?

そこで今回は他社替え芯(リフィル)装着の実験です。

モンブラン純正のボールペンインク、ローラーボールペンインクと、大変評判が高い三菱鉛筆のジェットストリーム、シグノ。

それぞれの書き味と、モンブランへの互換性について書いていきます。

モンブランにシグノ?水性のインクで互換のものあるのっていうあなた、ぜひ読んでいってください!

スポンサーリンク

モンブランボールペンの種類と適合替え芯(リフィル)一覧

それでは最初に、モンブランボールペンの種類とその型番、インクについて理解を深めましょう。

自分が持っているボールペンがどれなのか意外とわからないものです。

モンブランのペンは年代によって全長に若干の違いがありますので確実ではないです。

それでも、収納時の全長から推し測るしかありません。

交換インクを考える場合は、モーツアルトと言われる全長がとても短いタイプ以外は、ボールペン(油性)かローラーボールペン(水性)の違いがわかれば、互換インクは判明します。

マイスターシュテュック ル・グラン 161
提供:楽天市場


 

マイスターシュテュック ル・グラン 162
提供:楽天市場


マイスターシュテュック クラシック ローラーボールペン 163
提供:楽天市場


マイスターシュテュック クラシック 164
提供:楽天市場


モンブラン ボールペン マイスターシュテュック モーツァルト 116
提供:楽天市場


 

 

 

 

 

モンブラン ボールペン マイスターシュテュック モーツァルト 118


商品名 型番 全長(約) タイプ
マイスターシュテュック ル・グラン 161 150mm ボールペン
マイスターシュテュック ル・グラン 162 145mm ローラーボールペン
マイスターシュテュック クラシック ローラーボールペン 163 138mm ローラーボールペン
マイスターシュテュック クラシック 164 140mm ボールペン
モンブラン ボールペン マイスターシュテュック モーツァルト 116 106mm ボールペン
モンブラン ボールペン マイスターシュテュック モーツァルト 118 107mm ローラーボールペン
モンブランボールペン ミッドサイズなど

モンブランボールペンの替え芯(リフィル)の種類

モンブラン純正のボールペン リフィルを選択するのは難しくありません。

👉 モーツアルトかどうかを見極める
👉 油性ボールペンか水性ボールペンかを見極る
👉 好みのペン先の太さと色を選択する

あなたのボールペンがモーツアルトでなければ、油性か水性で選べば基本OKです。

モンブランのペン先は、
細字のF(0.8mm)・中字のM(1.0mm)・太字のB(1.4mm)の3種類のみです。

色は黒、青、赤の3種類です。

モンブラン 油性ボールペン 替え芯(リフィル)

 
提供:楽天市場

【カラー】
【ミステリーブラック】
MB-BF-BK-2(F:116189)
MB-BM-BK-2(M:116190)
MB-BB-BK-2(B:116191)

パシフィックブルー
MB-BF-BL-2(F:116212)
MB-BM-BL-2(M:116213)
MB-BB-BL-2(B:116214)

ナイトファイヤーレッド
MB-BM-RD-2(M:116215)


モンブラン ローラーボールペン 替え芯(リフィル)


提供:楽天市場

【カラー】

【ミステリーブラック】
105162/F
105158/M

【パシフィックブルー】
105163/F
105159/M

【ナイトフェアレッド】
105160/M

モンブランボールペン モーツアルト 替え芯(リフィル)


提供:楽天市場

今回の記事は、残念ですがモーツアルトには対応できません。

モンブランボールペンに使える書き味抜群の互換替え芯|
三菱ジェットストリームとシグノ

さて、今回のテーマはモンブランボールペンに、人気の高い三菱鉛筆のジェットストリームとシグノを装着してしまおう!と言う企画です。

三菱鉛筆ジェットストリームの替え芯はモーツアルト以外のモンブランボールペンに使用可能


提供:楽天市場

ジェットストリームの替え芯は三菱鉛筆から販売されている新開発の油性ボールペンで、水性と間違えるほど滑らかな書き味で評判です。

今回モンブランに使用するのは、SRX200シリーズ。

色は、黒、青、赤の3色。

太さは、0.5、0.7mm の2種類があります。

今回使用したのはSRX200-05 0.5mmの黒です。

 

三菱鉛筆シグノの替え芯はモンブランローラーボールペンに使える


提供:楽天市場

三菱鉛筆のシグノはゲルインクボールペンです。

ゲルインクにもかかわらず水や紫外線に強い顔料インクを使用しています。

従って正式な文書などにも使用することができると評判です。

今回モンブランに使用するのはUMR-8シリーズです。

色は、黒、赤、青、ブルーブラックの4色。
太さは、0.28、0.38、0.5、0.7、1.0mmの5種類。

今回使用したのはUMR-83 0.38mm 青です。

モンブラン純正ボールペンと三菱ジェットストリーム、シグノの書き味比較

モンブランボールペンで純正替え芯とジェットストリーム、シグノ、それぞれを書き比べてみました。

モンブラン筆記比べ

モンブラン筆記比べ

 

モンブラン純正ボールペン 替え芯インクの書き味

モンブランの純正替え芯インクは決して悪くありません。それほど筆圧をかけずにヌルヌルと書くことができます。

さすが純正、嫌いじゃない!

今回の実験では左下から上に書きあげる時に若干のかすれが見えました。

 

モンブラン純正ローラーボールペン 替え芯インクの書き味

モンブラン純正のローラーボールペン、すなわち水性インクの書き味ですが、正しく水性ボールペンという感じです。

購入当初はとてもインクフローが多く、書きやすいのですが紙の裏に染みてしまうぐらいのインクフローでした。

肝心の書き味ですが全く問題ありません。水性インクの書き味を存分に味わえるでしょう。

三菱鉛筆ジェットストリームの書き味

対する三菱鉛筆ジェットストリームですが、太さが0.5 mm なので純粋な比較とはならないでしょうが非常に滑らかな書き味です。

書いている感覚としては油性ボールペンだとは思えません。

言われなければ水性ボールペンだと間違うかもしれません。優秀です!!

 

三菱鉛筆シグノの書き味

シグノ、いいですよね〜これ。ゲルインクって書きやすい。

これの書き味もとてもなめらかです。さすがにゲルインクという感じですが、紙の裏にしみることもなく、また書いてもすぐに乾くのでとても実用的だと思います。

モンブラン ローラーボールペンの青よりも少し明るめの青です。

モンブラン純正ボールペンへの互換性

さて、とても優秀な互換インクですが、買ってきてそのままモンブランボールペンに装着できるわけではありません。

若干ですが手間が要ります。

ジェットストリーム用アダプター

ジェットストリームを使うには、互換カートリッジを購入する必要があります。

ネット通販で1000円程度で販売されています。

商品は2種類ありますので、あなたのボールペンのタイプに合わせて購入して下さい。

ボールペンリフィルアダプター MB-01


提供:楽天市場

こちらは(油性)ボールペン用のアダプターです。

ボールペンリフィルアダプター MB-02


提供:楽天市場

これは(水性)ローラーボールペン用のアダプターです。

マイスターシュテュックシリーズ/ポエム/スターウォーカーなどに使用することができます。

これを使えば、モンブランのローラーボールペンタイプでジェットストリーム、すなわち油性ボールペンが使えることになります。(意味ない?)

 

両方とも、マイスターシュテュックシリーズ/ポエム/スターウォーカーなどに使用することができます。

モンブランボールペンにシグノを装着する

シグノを装着するにはアダプターを使う必要はありません。

ですがそのまま装着しても使えません。若干の工作が必要です。

今回私はスコッチの透明テープを使用しました。同じものがない場合はセロテープでも良いと思います。

ここに画像が作成されます

スコッチテープ

 

これをシグノのペン先近くに巻きつけます。これによってセロテープがネジの役割を果たすのです。

装着する際に、ネジを締めるように右に回してつけて行ってください。(あくまで自己責任でお願いします(😿 )

ここに画像が作成されます

モンブランボールペン、改造ペン先

たったこれだけでシグノがモンブランのボールペンで使えるようになります。

スコッチのテープの粘着剤は他社のものとは若干違いますので、ペンの中で粘着剤がベトベトになるという心配もないでしょう。

 

まとめ

ここに画像が作成されます

モンブラン 互換 替え芯比較

今回はモンブランボールペンに、評判の良い日本製のインクリフィルを装着する実験でした。

モンブランのボールペンは手に持った感覚がとても良いのですが、インクの価格は必ずしも安くありません。

互換インクもあっていいでしょう。しかも粗悪品ならいざ知らず、日本が世界に誇るジェットストリームとシグノです。替芯は数本セットで買えば一本100円を切ります。

字をたくさん書く人や、せっかくのモンブランだから普段使いでガンガン使いたいよって言うあなたには、一つの選択肢になるのではないでしょうか?

この記事が参考になれば嬉しいです。