amazon輸入転売で意外と忘れがちな仕入れのお話

こんばんは、Coloです。

このブログに来てくださる読者はアマゾン輸入で海外のアマゾンで購入して日本のアマゾンで販売することが多いのかもしれませんね。

アマゾン輸入は誰でも参入できるので、とっつきやすい副業で人気です。

安く買ってきてそれを世界で一番販売力があるアマゾンに出品して販売する。

小売から仕入れてアマゾンで販売するのは、いわゆるせどりと言われる手法ですね。

これはこれで、アマゾンとしても並行輸入品を許しているわけですから問題ないと思いますが、やはりそれではおいしいビジネスにはなりません。

米国アマゾンの価格は結構変動しますし、日本のアマゾンの価格も結構激しく低下します。特に並行輸入の対象になるような製品は皆がこぞって出品して激しく値下がりしますので、セラーは疲弊してしまいますよね。

それでも、せっせとリサーチをして利ザヤを稼ぐ。

どんなに頑張っても皆とやることが同じでは薄利多売になるのも仕方ありません。

副業で小遣いを稼ぐのでしたら、それでもいいでしょうが、それでもこれ、結構疲れると思います。

リサーチも大変ですが、商品管理や、資金管理、確定申告の時にはその仕事量の多さに真っ青になるはずです、、、(それぐらい稼げていればOKかもしれませんが)

初心者の頃はとにかく安く仕入れられる商品を探すことで精一杯になります。毎日リサーチして価格差がある商品を探します。ですが忘れなならないことがあります。

それが仕入れです。

仕入れ=在庫のことですね。

以前にも書きましたが、月に10万円稼ぐためにも仕入れは50万円以上必要です。在庫として考えるとおそらく70-100万円近いものが必要です。

仕入れて在庫にした商品が次の月に全て売れることはありませんよ。

そのうちの半分が売れればいい方です。

必死にリサーチして70-100万円レベルの在庫を持って、そのうちのいくつかは価格競争で仕入れ値を切って販売することがある。

そんな状況を克服してやっとまともなビジネスに成長していきます。

 

そう考えると、これってもう副業や遊びの世界ではないですよね。

ですが、どうせやるならビジネスレベルを目指しませんか?

というおはなしでした。

 

では、また。