タクシードライバーが客単価を上げる秘訣はこれだ!

タクシードライバーにとって客単価って大事ですよ。収益がグーンと上がりますからね。

ですが、なかなか狙ったようには行かず苦戦することが多いのも事実。ある程度経験を積めば客単価は上げられるようになる、といいますが、本当でしょうか?

狙って客単価を上げることができれば収入アップ間違いなし!なので知りたいですよね!

客数を増やして収入アップの方法はこちら

経験を積めば客単価を上げることができるということは、そこに法則があるということですので早速調べてみました。どうぞご参考に!

客単価が上がる場所を選びましょう

朝の通勤時間帯で乗り換え駅を狙いましょう。

通勤時間帯の中央線の駅近辺や高田馬場のような地下鉄乗り換え口は、電車の遅延などで遅刻ができないサラリーマンが無理してもタクシーで駆けつけたりしますよ。

当然これの反対、終電逃しの人を捕まえるという発想。電車の乗り換え駅は狙い目ですね。

それから、外資系企業が多く入っているビル近辺は狙い目です。

日系企業と違って効率重視の外資系は電車など使わずタクシーを使うことが多いですよ。

東京の場合、狙い目の場所があるとのことです。

それは、

日本橋近辺
製薬会社や大企業も多く、タクシー利用率中距離利用者が多いです。

神田あたり
意外と穴場の狙い目です。

丸の内界隈
大企業が多いので、タクシー利用者も多いです。

八重洲界隈
大企業が多いので、タクシー利用者も多いです。

六本木
外資系企業も多く、外国人も多いので狙い目です。

新宿歌舞伎町
言わずもがなの繁華街、夜は外せませんね。

銀座
タクシー乗り場以外で客を取ると罰せされますが、外せない場所です。

空港
国際空港は特に狙い目です。安定した収入が期待できます。
羽田勤務可能なタクシー会社はこちらから。

朝の高級ホテル

やはりビジネスがらみが狙い目のようです。

客単価が上がる時間帯は夜ですよ

昼間は高単価はあまり期待できませんね。上記ビジネス街で自分なりの場所を見つけてください。

やはり場所とも関連しますが、客単価が上がるのは夜、しかも夜遅くです。

タクシーの稼ぎどきはやはり何と言っても深夜です。

ワンメーターなんてことはまずない。

一番手っ取り早いのは繁華街ですが、これは競争も激しいです。

狙い目は、やはり深夜まで残業してる大企業の入るビルあたりです!

深夜残業でタクシー代出してもらえますからね!

以上ご参考にがっつり稼ぎましょう。

未経験者・女性・どなたも歓迎!大手・優良タクシー会社への転職は【タクQ