Google Adsense、たった12時間でパスしたってホントの話?

GoogleのAdsenseはアフィリエイトをするならぜひ取っておきたい広告媒体ですよね。

アフィリエイトはまだまだマイナーなのかもしれませんが、徐々に社会的地位を向上させて来ているようです。

これはそれまでアフィリエイトでは情報商材の販売が主だったのが、GoogleのAdsenseというGoogle主導の方法でも稼げるようになったからなのかもしれませんね。

知らない人はAdsenseでは数千円しか稼げないという方が多いですが、やり方によっては月数十万円もザラですよ!

是非あなたもチャレンジしてみてください。

12時間でAdsenseの審査をパスしたブログの背景

最近あるブログでGoogleアドセンスの申請をした方の状況を聞きましたが、結果として夜の11時に申請を出して翌日の午前11時に承認が来ていたとのこと!

そのブログは当初Adsenseの取得など全く想定せずに開設されたものでした。今すぐAdsenseの審査にパスしたいと思っている方のお役に立つかどうかはわかりませんが、そのブログの背景やらをシェアしましょう。

設置期間 6ヶ月前に設置
設置後の投稿数 25記事
投稿頻度 設置後は頑張って投稿、その後放置、Adsense申請前数日で数記事投稿
記事の文字数 500文字から800文字。Adsense申請前数日の記事は2000文字超
特化型かごちゃ混ぜか どちらかといえばごちゃ混ぜ
 特記事項 プライバシーポリシーや特定商取引法に基づく表記は未設置
1日のアクセス 0〜5

 

重要:この方の場合、以前にGoogle Adwordsで実際に広告を何回か出していました。

さて、いかがでしょうか?

 

ご覧のとおり、ブログの内容としては正直とてもしょぼい内容ですよね。記事数はそこそこありますが、1記事の文字数も少なく、設置期間がそれなりにあるのですが、更新頻度はとても少ないです。

1日のアクセスもたったの0-5PV!

 

それでもこのブログは申請後12時間で審査をパスしたのです!

この例から、Google Adsenseに合格する秘訣というものは見いだせないかもしれませんがいくつかのヒントがありますね。

 

では、一緒に見ていきましょう!

 

 

12時間で審査をパスした要因を考える。

 

有料ブログでチャレンジ                    

これまではSEO対策だと言って、Googleの裏をかいて検索順位を上げているブラックなやり方が一世を風靡して、本来なら検索上位に表示されないサイトが上位表示されていました。

Googleとしてはそれは本意ではないので検索アルゴリズムを変更して、それらのサイトを淘汰したのです。それまでブラックな手法で上位を占めていたサイトが軒並み圏外です!

それまで何十万円何百万円も稼いでいたかサイトが一気に0円ということもあったようです。

そんな背景も手伝い、現在では真っ当なSEOが主流になってきています。
SEO対策といってもプロが行うようなhtmlの調整とか専門的なことではなく、適切なキーワードでしっかしとした記事を書く!ということなんですね。

小細工ではないのでGoogleのペナルティーを受ける可能性が極めて低いです。というか、よほどおかしな記事を書いていない限り、ペナルティーにはならないです。

Googleは、広告を出稿してくれる企業の価値を高めるためにも、ユーザーが求めている検索結果を返さなければなりません。そのためには、グーグルを欺くようなブラックハットと呼ばれるような手法でアクセス順位をあげているサイトにはペナルティーを課す、というのは企業として当然ですよね。

 

インターネット検索をしている人たちに有用では無いサイトを上位に表示してしまっては、Googleの信用が無くなってしまいます。

 

それと同じ理屈なのです。継続性のないブログ、何か簡単に稼げそうだからと始めたブログ、内容のないブログ、これらにGoogleが広告を貼ると、スポンサーはどのように思うでしょうか?自明の理ですよね。

そのような理由からなのか、現在では無料ブログでの申請はほぼ却下されます。
一部無料ブログでも審査を通す方法がありますが、基本有料ブログでの申請で審査をパスすることになります。

それは、無料ブログの場合簡単に辞めてしまうからです。さらに無料ブログの場合、Googleが予期しない広告が同時に掲載されることがあるのもその理由です。

なので、予期しないコントロールできない広告が掲載されることのない有料ブログである必要があるのです。

今回の例も、初心者ながら無謀にも?Wordpressでブログを立ち上げていたのが一つの勝因ですよね。

 

有料ブログといえば最も人気があるのがWordPressを使った方法なので、ぜひ早めにチャレンジしてくださいね。

投稿数は考慮される!サイト設置からの時間も問題?      

もう一つ、サイトを設置してすぐに申請しても内容が足りないとの理由で審査に落ちます。はやる気持ちは分かりますが、ある程度の数の記事を投稿する必要があります。

最低でも5記事、できれば10記事くらい投稿してから申請したほうがいいでしょう。

サイト設置からの時間については確かなことはわかりません。ブラックな方法として1ヶ月前から開設しているように偽装して申請する方法を書いているブログもありますが、当サイトではオススメしません。可能かもしれませんが、やはりそれはブラックでしょ?

 

一度申請して却下されれば記事を増やすなりして再チャレッッジできますが、場合によってはずーっと審査中となって、何にもできないこともあります。
その場合は、別のブログで申請しなければならなくなりますよ。

記事の文字数は?                       

そのブログ、最初の頃の記事の文字巣は500−800文字だったので、最近言われているような2000文字超の記事でないとダメ!ということはなさそうです。

 

ですが、Adsenseで収入を得ることを目指してるのでしたら、1000文字程度の記事では収益化は難しいでしょう。2000文字程度の記事が最低5記事、というところでしょうか?(保証の限りではございません!!(;_;))

 

 

正攻法の裏技?                        

今回の例では、事前にAdwordsで広告を出稿していました。もしあなたが確実に、しかも早く審査に合格したいと考えているのでしたら、Adwordsに先に広告を出すというのは一つの手かもしれません。

広告費は千円程度でも可能です。ご自身のブログを広告に出すとアクセスも上がります。一石二鳥ですね。

重要だと思われること                     

やはり、今後Adsenseで稼ごうと思っているのでしたら、内容のある、そして独自性のある記事が投稿されているということが大事なことだと思います。

何でもいいから自分の思いついたことを書いて投稿して審査に出しましょう!っていうノリのブログもありますが、最近ではこの方法では審査落ちでしょうね。

だけど、ブログ初心者なんだから内容のある且つ独自性のある記事など書けないよ!

と思われるかもしれませんが、そんなことはありませんよ。

 

どんな内容であっても、文章が下手でも、自分の意見が入っている記事を書けばいいのです。人に迷惑をかけない、不愉快でない、コピーでない記事であれば大丈夫です。

 

他にも規約がありますが、一般常識の範囲で書いてある記事であれば大丈夫ですよ。
(お酒の記事はワインを除いてアウトですのでお酒好きの方は気をつけて!)

 

あなたの健闘を祈ります!

アフィリエイトを始めるときに強味方、Adsenseと併用も可能なおすすめASPです。

アフィリエイトパートナー募集