アマゾン輸入 amazonFBA 価格改定ツール

Amazon輸入
mohamed_hassan / Pixabay
スポンサーリンク

こんにちは、Coloです。

今日はアマゾンによる価格改定ツールについて書いてみます。

 

市販品として価格自動改定ツールも普及しているのですが、無料で使えるアマゾン提供のツーツです。

無料なのでいいなー!と思ったあなた、ちょっと待ってください。

 

私は市販のルーツは使ったことはないので言及できませんが、仕組みは同じようなものだと推測します。

 

自動で競合の価格を調べて安い値段が出ればそれに合わせる。

 

これは便利ですよね?

 

しかしーーーー、

 

ここの大きな落とし穴があるので、要注意です。

 

自動で価格を設定できるというのは助かりますが、自分が意図しない価格にまで下げられることもあります。

ただし、これは自分の最低価格を設定すれば防ぐことができるので、大きな問題ではないです。

大きな問題は、それによって価格競争が助長されるということです。

 

アマゾンの在庫管理をSeller Centralで行なっていると、最低価格に合わせるように促されますが、安易に合わせると、、、

なぜか最低以下の価格になることがあります。例えば現在の最低が4840円なのに、ると、

最低価格に合わせるというボタンをクリックすると4830円になるという感じです。

 

すみません、詳しは調べられていないのですが、時々起こります。

しかし!

 

これって相当やばいシステムでしょ?

 

んぜなら、このシステムで安易に最低価格に合わせていくつと、アマゾンではどんどん値段競争が起きて行くのですから。

 

消費者には良いシステムです。

アマゾンにも良いシステムです。放っておいても価格が下がりアマゾン最安!ってことになりますから。

 

ですが、セラーにとってはたまったものではありません。必要のない値下げなどビジネスではあり得ません。

談合はいけませんが、このようなシステム値下げが実行されてしまうのは論外です。

これは初心者の方が無造作にシステムを使うことで起こってしまいます。

 

みなさん、価格調整は慎重にいきましょう!

 

では、又。