Apple payでPasmoは使えるの?どうしたらいい?

いよいよiPhoneも2018年版、XS Max, XS, XRとなり、iPhone6からの機種変を考えている人も多いのではないでしょうか?

iPhone6まではApple payが実装されていなかったので気にとめなかった人も、iPhone7以降の機種に切り替えるとApple Payがつかえるので、できるならPasomoなどの交通系ICカードを使いたいですよね。

ですが、残念ながら、iPhone2018年版でも交通系ICカードはSUICAだけ。

PASMO, ICOCA, Kitaca, SUGOCAなどを使用する方法はありません。裏技もありません。
残念!

 

私鉄沿線の皆様、地下鉄沿線の皆さま御愁傷様です。(私です!)

それでも、私の経験上、とにかくSUICAを使えるようにしておくと何かと便利です。

小銭がなくて、Pasmoも持っていなくて、自販機で飲み物を買いたい時や、財布を忘れて出かけた時など、意外に出番はありますよ。

SUICA以外のカードでの定期を利用している場合は、SUICAと併用することになります。

なので、今回は、その設定方法と使い方、メリット・デメリットについて書いて行きます。

最後に、力技でSUICA以外のICカードをApple PayのSUICAと併用する方法もシェアしちゃいますよ。

では、最後までお付き合いよろしくお願いいたいします。

iPhoneのApple PayでSUICAを使えるように設定する

では、Apple Pay初めてというあなたのiPhoneで、SUICAが使えるように設定して行きましょう。

ちなみに、SUICA自体のカード代金は、Mobile SUICAになりますので必要ありません。

クレジットカードがあればOKです。

まずは、App Storeで「SUICA」と検索して、SUICAアプリをインストールしてください。App Storeは流石にわかりますよね(笑)

 

インストールが終わりましたら、そのまま開いて、あなたのお気に入りのクレジットカードを登録してください。基本的にどこのクレジットカードでもOKです。ちなみに私はダイナースです。登録したクレジットカードが左下に表示されます。

一点注意事項です。

このMobile SUICAへのクレジットカードチャージにはJR東日本のカード以外はポイントが付与されません。PASMOにチャージしてポイントを貯めている人にとっては悩ましいところです。

一回のチャージは

基本的にオートチャージではありませんので、金額が減ってきたら手動でSUICAアプリを立ち上げてチャージする必要があります。

ですが、コンビニ行ったり駅に行ったりする必要はなく、いつでも好きな時に好きなだけチャージできるのは便利ですね。

一回のチャージは五百円から1万円まで自由に選べますよ!

さて、これであなたのiPhoneのApple PayでSUICAが使えるようになりました。

え?Apple PayでSUICAって?どういうこと思われたかもしれません。

言葉の使い方が難しいですね。Apple Payとは非接触型の支払いシステムをiPhoneで使用出来るようにしましょ、っていうことなんです。

なので、これ以外にもAppleの認可のあるクレジットカードを登録すると、そのカードでQUIC payが使えるようになります。結局SUICAかQUICPayでの支払いのことと考えてよいでしょう。

他に、ポイントタイプのnanacoなども使えます。

Apple PayのSUICAのメリットとデメリット

まずはデメリットから行きましょう。

Apple payでSUICAのデメリット

1.  何と言っても、JR系のクレジットカードでないとポイントがつかないということ。これは結構大きいですね。チリも積もれば山となりますからね。

2.  次に、Pasmoや他の交通系ICカードを使いたい人にとっては、定期券を別途Pasmoで管理する必要があります。荷物が増えるのは嬉しくないですね。

3.  最後に、iPhone 2018年以前の機種では予備電源がないので、iPhoneの電源が切れると使えません。2018年の機種からは予備電源で、問題なくなりました。

Apple payでSUICAのメリット

Bru-nO / Pixabay

次にメリットですが、冒頭でも書きましたが、とにかく便利です。

1.  他のものを忘れてもiPhoneを忘れることをはまずないので、ちょっとしたもの、飲み物やサンドイッチなどならついこのSUICAで買ってしまいます。

ポイントがつかないことは知っているのですが、、、、

2.  電波さえ来ていれば、どんな場所でもチャージできる。これも便利ですよ。

先日インターネットショッピングでSUICA決済というのがあったのですが、もしこれがなければ、チャージが足りず買えないところでした。

3.  もしあなたの自宅の最寄駅か通勤先の最寄駅がJRなら、SUICAで定期券が作れますよ。この場合、ポイントを取るか利便性を取るか、、、悩みますね(泣)

4.  Mobile Suicaの使用履歴が確認できます。いついくら使ったのか?いついくら入金したのか?きっちり管理したいあなたには便利機能ですね。

SUICAが使えるのはどこ?QUICPayやIDは?

PasmoやPitapaなどを使っていると、SUICAがどこで使えるのかわからないかもしれません。

ですが、お店の端末はSUICAが基本で他のカードが互換カード言うイメージなので、これまであなたのカードが使えたお店はほほOKのはずです。

下記の提示があるお店なら大丈夫です。

また、話は若干それますが、Apple Payでは、SUICA以外にも、QUICPayやIDも使えます。

対応しているクレジットカードがあれば登録して使ってみてください。

 

Apple PayのSUICAチャージでポイントがつくカードは?

Republica / Pixabay

Mobile SUICAでポイントがつくカードはJR東日本のカード以外にもいくつかあります。

たとえば、

  • JR東日本ビューカード(還元率1.5%)
  • ビックカメラスイカカード(還元率1.5%)
  • Yahooカード(還元率0.5%)
  • リクルートカード(還元率1.2%)
  • オリコカード(還元率1.0%)

などが挙げらえれます。ですが、網羅性に欠けますね。

もしあなたのライフスタイルがSUICAで、そのポイントを貯めているのでしたら、
”クレジットカード名+Mobile SUICA”で検索をかけることをお勧めします。

ただし、もしあなたのライフスタイルがクレジットカード主体で、それでポイントを貯めているのでしたら、他の記事でもい説明していますが、あまり気にする必要がはないと思います。

ポイントを分散させると結局中途半端にポイントが貯まり欲しくないものをもらったり、ポイントを執行させることなりかねませんからね。

SUICAで月1万円、年間12万円使って、ポイントは1200ほどですからね、、、、(泣)

 

力技でApple Pay SUICAとPasmoなどICカードを併用する方法

やはり、どうしてもPasmoは別途必要!という人も多いでしょう。

また、nanacoなどを使いたい人もいますよね。

私もその一人です。

この場合、iPhoneのケースにPasmoなど非接触ICカードを実装するしかありません。

例えば下記のような商品にPasmoを実装してしまうのです。


引用:楽天=2980円送料無料

注意点がいくつかありますので一つずつ説明して行きます。

必ず電波干渉防止シートを使ってください

iPhoneに内蔵されている非接触カードと干渉して誤作動しますので、必ず使ってください。手帳タイプのケースにはついていないことがありますので、別途購入しましょう。

引用:楽天=499円送料込み

百均でも売っているはずです。

プラスティックケースに入れた場合は、使い方に注意

iPhoneのApple Payシステムは背面のカメラ付近に実装されています。

なので、プラスティックケースにPasomoやnanacoを実装して使用する場合、

 

⭐️Pasomoやnanacoを使うときは背面を機械にかざす。

🌟Apple PayのSUICAやQUIC Payで支払うなら、iPhoneの画面の方を機械にかざす。

 

ことになります。

SUICAとPASMO系の覇権争いを考えると、当面iPhoneでSUICA以外の交通系ICカードの使用は期待できそうにありません。

しばらくはこの方法で凌ぐしかないですね。

まとめ

今回は、いまさならがらのApple Payの設定方法や、Mobile SUICAのメリット・デメリット、iPhoneでSUICAとPASMOなど他の交通系カードを併用する方法について書きました。

ポイントがつかないという問題はありますが、設定しておいて損することはない機能です。

是非あなたも快適なiPhone生活を楽しんでくださいね。