LAのラウンジ|スターアライアンスなら行かなきゃ損!ポラリスって?

クレジットカード
スポンサーリンク

海外旅行にビジネスクラスで行く際の楽しみの一つが空港のラウンジという人も多いのではないでしょうか?

今回はロサンゼルス空港に開設されたユナイテッド航空の最新ラウンジ、ポラリスについての記事です。

これまでのユナイテッド航空のサービスは、ラウンジにしても機内サービスにしても、いかにもアメリカンという感じでとても高級感があるとは言えませんでした。

ロサンゼルスのビジネスラウンジも、ごくごく普通で、これまではアルコール類もチケット制でした。
また食事もスナックの域を出ないレベルだと言っても過言ではないでしょう。

ですがここに来てユナイテッド航空も本気を出してきました。

ユナイテッドはユナイテッド・ポラリスというサービスを開始しました。

ビジネスクラスでユナイテッド・ポラリスが適用された機種は、 快適で睡眠をぐっすり取れることを目的としています。

そして、そのシリーズとして、主要な空港にユナイテッド・ポラリスラウンジを設置しているのです。

そのうちの一つが今回紹介するロサンゼルスのポラリスラウンジです。

 

これがビジネスクラスのラウンジか!?

とびっくりするぐらいの豪華なラウンジです。

このラウンジは、スターアライアンスのビジネス利用者なら誰でも利用できます!

ANAやアシアナを利用する人は少し歩かないといけませんが、絶対に行く価値ありです!

今回、実体験を元にレポートしますよ。

スポンサーリンク

ロサンゼルス空港のポラリスラウンジはどこにある?

スターアライアンスビジネス利用なら誰でも使えるのですが、ユナイテッド航空利用者以外は基本的にTom Bradley International Terminalから離陸します。

上の図はロサンゼル空港ののMAPです。

You Are Hereとかかかれているのは、Tom Bradley International Terminalでほとんどの航空会社はここが発着場所です。

ですが、ユナイテッド航空のラウンジであるポラリスはターミナル7に位置します。上記の図ではP7と書かれている場所です。

ターミナル7はいわばユナイテッド航空専用のターミナルと言っていいでしょう。ユナイテッド航空を利用する場合は、最初からこの場所に向かうことになります。

このマップを見ると、Tom Bradley International Terminalからターミナル7まではそれほど距離はないように思えるかもしれませんが、実は相当離れています。なので、ある意味穴場なのです。

ここには通常のユナイテッド航空のラウンジと、国際線ビジネスクラスのお客さんが使えるポラリスというラウンジがあります。

私は最初間違えて従来からあったユナイテッド航空のラウンジに入ってしまいました(笑

ビジネネスクラスのチケットを持っていると通常のラウンジにも入れてしまうのですよ。

くれぐれもお間違えのないように。

LAのユナイテッド空港ポラリスはアシアナやANAのビジネスクラス利用者も使える

LAのポラリスラウンジは、ターミナル7に位置しているのでユナイテッド航空利用者限定なのかと思われるかもしれません。

ですが、スターアライアンスの国際線ビジネスクラスを利用しているお客さんであれば誰でも使えるのです。

アシアナや ANA を利用している場合であっても全く問題なく使用できます。

LAのポラリスラウンジは、スターアライアンスビジネスクラス利用者なら誰でも使える!

 

今回私はダイナースのポイントをマイレージに交換して、アシアナ航空を使ってロスまで往復しましたが、帰りは少し早めに空港に着き、ユナイテッド航空のポラリスラウンジを楽しんできたのです☺️

なぜって?だってこのラウンジはユナイテッドが鳴り物入りで投入したラウンジですから!

ただし、 すでにお伝えしたように、アシアナやANAはLAのTom Bradley International Terminalが発着場所です。

そしてこのTom Bradley International Terminalから、ターミナル7までは結構時間がかかります。

近くにいた空港の職員に尋ねたところ、

Just about 10 minutes!

と言われたのですが、

 

実際には早歩きで歩いても30分かかりました。

 

アメリカ人の足なら10分で歩けるのか? それとも単にふざけられたのか?

どう考えても後者だと思いますが、、、、よくもここからTerminal 7までいくよな!ってことでおふざけですかね?

ちょっと不愉快!!

Tom Bradley International Terminalからは、エスカレータをおりたり長い通路を延々と歩いたりと、本当に思った以上に時間がかかかります。

大人の足で30分かかると思って間違い無いです。

ですが、30分かけてでも行く価値のあるラウンジですよ!歩いて行く人なんてそんなにいませんから混雑していませんし、後ほど述べる目玉のダイニングも混んでいないのです!

 

ロサンゼルス空港でスターアラインスのビジネスクラスで帰国するのなら、絶対に使用すべきポラリスラウンジ

ビジネスでの利用ならそんな時間も余裕もないかもしれません。

ですが観光でロサンゼルスに遊びに行ったのでしたら、そしてあなたがスターアライアンスのビジネスクラスを利用するのでしたら、絶対にポラリスラウンジを使用すべきだと思います。

成田のJAL のファーストクラスラウンジやANAのファーストクラスラウンジも他に類を見ないほどゆったりしてさらに豪華な食事をいただけます。

ですがこのポラリスは別物です。

ラウンジの空間が落ち着けるというのは当然のことですが、そこでサービスされる料理が一流レストラン並みなのです。

ポラリスにはオーダー制のダイニングルームがあるのです

さらにとても気さくなウェイトレスさん。

こちらからお願いしなくても、「次は何のお飲み物をお持ちしましょうか?」と聞いてきてくれます。

しかも料理は一流レストラン並み。

これがすべて無料で提供されるサービスなのですから驚愕ものです。

料理は全て、注文制で、オーダーしてから作ってくれます。

もちろん、普通のビジネスクラスラウンジと同様にブッフェ形式で自分で好きなものを取るコーナーもありますが、やはりここではこのラウンジで食事をいただくなくては、、、、

 

これはブッフェの料理です

 

正直なところ、

ビュッフェの料理はごく普通。日系の航空会社の成田や羽田ラウンジのほうが美味しそうな料理が並んでいます。

 

なので、ここはダイニングで料理をいただかないことには、

30分かけて歩いて来た甲斐がない!

と言うことで、

ロサンゼルス空港ポラリスラウンジのメニュー

前菜からスモールプレート、本格的なメイン料理まで取り揃えられています。もちろんデザートも。

 

そしてこれがラウンジの入り口。こじんまりしています。

テーブルは8卓でした。

満員の場合は、すぐ外に椅子とテーブルが設置されているので、ビールでも飲みながら待っていると席が空くと呼んでくれます。

 

まずは妻は最初にデザートをいただいてきました。これはビュッフェコーナーからです。

 

味は、、、、「普通」とのこと。

 

 

私は料理が来るまでの間、ビールとカナッペで。

 

30分歩いた後のビールは、、、、格別です!!

前菜とメインを注文したので、料理が来るまでしばらくビールとワインを堪能します。

とそこへウエイトレスさんが、「本日のサービス」ですと持って来てきれたのが、お寿司。

せっかくなので、一皿ずついただきます。

 

その後メインは、前菜とメインはほぼ同時に出てきました。

意外と手早く出てきましたね、感激です。

そしてこの盛り付け、とてもラウンジの無料の料理とは思えません。

 

ウエイトレスさんお勧めのラムチョップ。全く癖がなく、とても柔らかい美味な一品でした。

ワインが進む!もう少し欲しい!

 

サラダ

 

 

 

最後の締めはアイスクリームです。

 

まとめ

いやいやほんと大満足のディナーでした。

機内でいただくビジネスクラスの食事も楽しいですが、これぐらいのレベルのディナーをいただけるのでしたら、機内食はデザートチーズとワインだけでも OK という感じです。

落ち着いたダイニングルームで出来立ての料理をいただける。

しかも料理はご覧のように洒落た盛り付けでまるで一流レストランのようでした。

ちょっとしたレストランでこの程度の料理とビールワインを飲めば15,000円から20,000円近くするでしょう。

確かにTom Bradley International Terminalから距離はありますが、旅は思い出作りでもあります。

ターミナル7からTom Bradley International Terminalまでは、ほろ酔い気分で空港の土産物屋を見ながら戻りました。

色々な人が行き交う空港内を歩くのですから、それほど苦にはなりません。

こんなに素晴らしいラウンジ体験とロスアンゼルスへのビジネスクラスでの旅が今回は無料で体験できました。

私のオススメしているダイナースならガンガンポイントがたまるので、嬉しい限りです。

ポイントが貯まったらマイルに交換して好きなところへビジネスでGO! ですね。

今回はオススメのLAポラリスラウンジの記事でした。あなたも、ほんの少しだけ早めに空港について、ポラリスラウンジのダイニングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

おすすめです。