最強のビジネスカードはダイナース!一押しの理由7つをご紹介

今回は最強のビジネスカードとしてダイナースのビジネスアカウントカードをご紹介します。
 
ビジネスカードというのは個人事業主や企業が使用するクレジットカードのことです。
 
ビジネスカードを社員に使わせることで経費管理が楽になります。
 
ですが、起業したての中小企業や、個人事業主の場合は簡単にはビジネスカードを発行してもらえません。
 
 
さらに最近は副業をしている人も多いと思いますが、その場合も個人のクレジットカードを使うと後々確定申告の時などに経費管理が大変になってしまいます。
 
さらに、個人のクレジットカードをビジネス決済に使用していると、カード会社からカードを止められることもあります。
 
特に個人輸入などをしている場合には注意が必要ですね。
 
なので、ビジネスの経費使用に使うのなら、ビジネス用のカードを取得することが望ましいのです。
 
私も企業オーナーとして、また個人事業主としてビジネスカードを検討しました。
 
結果として所有しているのはオリコ EX GOLD for Bizと、 ダイナース・ビジネスアカウントカードです。
 
そして実際に主に使用しているのは ダイナースのビジネスアカウントカードだけと言っても過言ではありません。
 
 
 

ダイナースビジネスアカウントカードの7つの魅力

ダイナースビジネスアカウントカードは、ダイナースクラブカードを持っていれば誰でも持つことができます。
 
ダイナースクラブ・ビジネスカードというカードもありますが、それとは違います。
 
これは、本格的な事業者用というコンセプトで、年会費も27,000円必要です。
 
 
 

年会費

ダイナースクラブビジネスアカウントカード代金は年間2,000円です。(税抜き)
ダイナースクラブカードを所有していれば、誰でも発行してもらえます。
 
これはダイナースの一般カードでも、ダイナースプレミアムカードでも同額です。
 
ダイナースが好きかどうかにによって評価は分かれるかもしれませんが、ダイナースカードが年会費2,000円と言うのは、個人的には魅力的です。
 
 
 
もしあなたがダイナースプレミアムカードを所有しているのでしたら、ビジネスアカウントカードは同様にブラックカードになります。
 
プレミアムカードのビジネスアカウントカードでも年会費2,000円と言うのは、破格です!

支払い口座を分けられる

個人支払いの引き落とし口座と、ビジネスアカウントカードは引き落とし口座を分けることができます。
 
法人名の口座でなくても大丈夫でし、もちろん法人口座でもOKです。
 
なので特に個人で副業を行っている人や、個人事業主の人にとってはとても使いやすいカードです。
 
住信 SBI ネット銀行や楽天銀行などネット銀行で口座を作ってそこから引き落としするようにすれば、記帳の手間も省けて管理はとても楽です。
 
 
せっかくビジネスカードを作っても、いちいち銀行の ATM で記帳をしなければならないのでは、時間をロスしますからね。
 

請求書も別にできる

個人用のダイナースカードの請求と、ビジネスアカウントカードの請求を分けることができます。

私の場合は、個人の支払いはそれほど厳密に管理する必要がないのでペーパーレスにしています。

一方ビジネスアカウントカードは、毎月明細を紙で送ってもらっています。

インターネットで明細を見ることもできますが、明細を送ってもらうことでその支払いを管理しやすくなります。

会計ソフトとの連携でさらに効率化

もちろん、Freeeやマネーフォワードのような口座管理ソフトと連携させることも可能です。

Freeeに連携しておけば、申告時に仕分けをする必要もなくなりますので、確定申告が格段に楽になります。

最初の設定は若干面倒ですが、一度設定してしまえば後は自動で仕分けされます。
 

ETCカードも無料で発行されます

 
ETC を発行してもらえばその使用も全て自動で仕分けされます。
 
ETCカードは5枚まで無料で発行してもらえます。
 
上記会計ソフトとの連携で、ETCのような定型支出はもちろんのこと、スターバックスでコーヒーを飲んだ支払いも、一度会議費として登録してしまえば次からは入力の必要がなくなります。
 
これ超絶に楽ですよ!
 

リワードポイントが貯まります!

一番のお楽しみはこれですね。
 
もしあなたがダイナースクラブプレミアムカード所有者ならば感涙ものです!
 
ビジネスとして使った経費のほぼ全てがポイントの対象になるのです。
 
しかもダイナースプレミアムカードの場合は100円で2ポイントの付与です。
 
そしてそのポイントは個人のアカウントと統合されます。
 
一旦ビジネスアカウントカードとしてポイントが付与されるのですが、電話一本で個人アカウントのポイントと統合できます。
 
このブログでも紹介していますが、ダイナースはとてもポイントが貯まりやすいカードです。
 
特にダイナースプレミアムカードは、現存するクレジットカードの中で最強です。
 
ダイナースクラブカードが良い悪いというのは色々な意見があるでしょうが、ダイナースプレミアムカードのポイント付与率が高いことについては疑問の余地がありません。
 
 
 
ビジネス経費でポイントを貯めて、年に一回海外でゆっくりリゾートを楽しむというのはなかなかいいアイデアだと思いませんか?
 
 
 
さらに、
 

JALオンライン(JAL国内線出張手配サイト)が使用できます

JALオンラインに登録することで、お得な運賃が適応されたり、キャンペーンで普通席と同額でクラスJを利用できたりします。

24時間365日予約発券が可能なので、管理や事務がとても効率的になりますね。

eチケットなので発券の手間も必要ありません!

JALオンライン

まとめ

今回はダイナースクラブビジネスアカウントカードについて紹介させていただきました。
 
このカードをを持つべき人は、個人事業主や、医師、弁護士、税理士などの士業の方、 あるいは副業で本業以外の収入のある方だと思います。
 
また社員5名程度の起業したての中小企業の経営者の方にもお勧めできると思います。
 
わずか1枚2,000円の会費で発行できるビジネスアカウントカードです。
 
何よりの魅力は、経費管理が簡単になり、しかもリワードポイントが個人のアカウント合算して使えることです。
 
私は、オリコ EX GOLD for Bizをバックアップとして持っています。
 
このカードは、新規法人を作った時に、発行してもらえるビジネスカードの選択肢が少なく、その中から、機能と会費の安さから申し込みをしたものです。
 
しかし、実際過去数年間、使用機会はほぼゼロでした。
 
(そろそろ解約しないと会費がもったいないですね)
 
実際のところ、

ダイナースクラブビジネスアカウントカードがあれば十分に対応できます。
 
 
 
ご興味がある方はまずはダイナースクラブカードを入手し、ビジネスアカウントカードを申し込んでみてください。