太陽光パネルの廃棄問題は問題じゃない|危ないゴシップ記事を検証

太陽光発電
Andreas-Troll (CC0), Pixabay
スポンサーリンク

太陽光発電に使う太陽光パネルの廃棄が少し話題になっているようです。

これは経済産業省エネルギー庁の中で、有識者を集めて議論を始めたことがきっかけです。

エネルギー庁の調査では、将来の太陽光パネル廃棄に対して積み立てを行っていない事業者が多くいたとの結果を得ました。

そのために将来不法投棄されたり、 廃棄方法を十分に理解しない業者によって有害物質が流出拡散されるのでは?というような議論をしているそうです。

2040年、太陽光パネルのゴミが大量に出てくる?再エネの廃棄物問題

それを受けた某大学教授は全く的外れな私見を、経済誌に寄稿しています。

一見よく調べて書かれているかと思わせる記事ですが、なんだか納得がいかない記事。プ●●デントは愛読書の一つですが、オンライン版は無料だからゴシップ系なのですかね?

太陽光発電装置を有している個人として、その辛辣な批判記事に疑問を抱き、再度検証してみました。(ひょっとして自分が間違っていた?(汗!!)

このように名の通ったメディアが、名の通った教授に執筆を依頼して、さもありなんの記事を読まされると、なにも知らないと鵜呑みにしてしまいかねません。

ですが、太陽光発電自体も、太陽光パネルの廃棄問題も将来問題になるとは考えづらい、と思える情報の方が多いのが事実でした。

 

環境問題を気にしているあなた、実際に太陽光発電を有して将来を心配しているあなた、はたまたこれから太陽光発電装置への投資を考えているあなたへ、将来の見通しをお届けします。

スポンサーリンク

太陽光発電の問題は固定買取制度が原因ではない

capitol, washington, political

Clker-Free-Vector-Images (CC0), Pixabay

某教授の記事では政府が固定買取制度を続けたことが悪であり、

>その結果市場は歪み、家庭用と非家庭用の比率が約2:8になったのは問題だ!(2:8はなぜ問題?

>金持ちだけが儲けた!(金持ちでなくても誰でも融資を受けて投資できますよ?今でもできます。私は斡旋業者ではないので紹介はしませんが、、、

>過剰な電力供給(需要の2倍の供給量)となった。(エネルギー庁によるとまだ太陽光電力は足りないと言っていますが?

これは全て政府のせい。さらに、

>中国資本が入ってブームとなったのも政府が無策のせい(ブームになったのは中国資本のせいかな?

>加えて、固定買取価格制度を続けたためにメインテナンス不備による安全面への懸念が表面化してきている(固定買取価格制度だから?それでどうしてメインテナンス不備になるのだろう?

とのご主張です。

ですが、

実際に過剰供給となっているのは、季節要因による九州地方の年間を通した一部期間の話であって、全国のお話ではありません。
下の図をご覧下さい。事実、政府は2030年にかけて、まだ太陽光発電からの電力供給量を増やす意向なのですが?それにも関わらず需要に対して2倍の供給量があるというはどういうことなのでしょうか?
出典:経済産業省エネルギー庁
中国資本が入ってきたのは、なにも固定買取制度のような国の補助制度の問題ではなく、中国製品がその安さから全世界的に普及しただけの話。”現在では中国が世界最大の供給者としての地位を確保している”とはご本人の弁。
そもそも、今太陽光発電自体が問題となってるでしょうか?
固定買取制度が終了するようだということで話題にはなっていますが、太陽光発電自体が問題となっているという意見はほとんどないように思うのですが?(皆無とは言いませんが)

太陽光パネルの廃棄問題は心配に及ばず

某教授のお話はこれくらいにして、実際に太陽光パネルの廃棄は将来問題になるのでしょうか?
確かに、そこら中に有害物質が撒き散らされたり、太陽光パネルが不法投棄されると困ります。
そこで、経済産業省のページに記載されている懸念点を一つずつ検証してみました。
結論から申し上げますと、そのような事態は想定し難いと考えた方が良さそうです。
以下その理由です。

1. 業者による不適切な廃棄処理問題は今後解決できる

これまでの一部の業者は利益優先、あるいは知識不足で鉛、セレン、カドミウムなど有害物質を含むパネルを適切に処理していなかったと報告されています。
しかし法制度を整え、情報が行き渡ればそれは回避できるはずです。これは太陽光発電事業者の問題ではなく、行政と廃棄業者の問題です。

2. 事業者が所有する土地で発電している場合、廃棄されないのではないかとの疑念は的外れ

借地で発電している事業者は土地を返さないといけないので廃棄するだろう。一方自分の土地での事業者は廃棄しないのではないか?と。
しかし廃棄せずに放置していると無駄に固定資産税が課せられます。また廃棄していなくても、自分の土地であるならば、不法投棄ではありません。さらに、放置して問題が起これば所有者の管理責任を法的に問えます。したがって、懸念する様な問題とはならないと考えられるのではないでしょうか?

3. 一気に廃棄されると廃棄場が逼迫するのではとの疑念

これは起こり得ますね。ですが一気に廃棄しなければいいだけの話。
逼迫するからわざわざ嵩高いパネルや架台を不法に廃棄するのは手間暇を考えると起こりずらい。
さらに、現在どんどんリサイクルの技術が開発され、そこに商機ありとみている業者も出てきています。そうなれば、廃棄どころかリサイクル業者が取り合いするのではないでしょうか?

4. 廃棄費用を捻出できない業者が不法投棄するのではないか?

これは幾ら何でも乱暴な推察でしょう。
太陽光パネルはそれなりの重量と容量があります、さらに架台は金属です。トラックを何台もチャーターしてそれなりの人数の人夫さんを確保しなければ、運び出すこともできません。
そして、運び出したそれら廃棄物を「不法にどこかに放棄してください」と依頼するのでしょうか?それを受ける業者がそれほど多くいるでしょうか?逼迫するほどの量をさばく業者?
見つかれば業務停止の上に刑罰も与えられます。
さらに、太陽光発電装置の廃棄費用は実はそれほど高いものではないのです。
わざわざそんなリスクをとる必要もないでしょう。
https://korekaranojinsei.net/end-of-solar-energy
以上、経済産業省エネルギー庁の懸念事項を一つ一つみてきましたが、いかがでしょうか?解決できなさそうな懸念があったでしょうか?

まとめ

solar energy, solar system, solar panel

andreas160578 (CC0), Pixabay

今回検証しましたように、将来生じてくる太陽光パネルの廃棄の問題や太陽光発電自体については、 深刻な懸念はないと判断して良いのではないでしょうか?

原子力発電とは異なり、たとえ有害物質が入っているパネルであっても適切に廃棄すれば環境汚染は防げますし、廃棄方法も確立しています。

そのための費用も微々たるものです。

装置が稼働している間は、太陽光発電は最もクリーンなエネルギー源の一つだと言えます。

 

世の中には何か話題になると、それを批判したり煽たっりするような記事が投稿されます。

年金2000万円不足問題もそうですし、今回の太陽光発電パネルの問題もしかりです。

十分に情報を集め、しっかりと理解すれば良いのでしょうが、時間がないとなかなかそうもいきません。

有名なメディアの記事だと鵜呑みにしてしまいがちです。

当ブログでは、可能な限り多くの情報を集め、事実に基づいて皆さんのお役に立つ記事を配信していきたいと努力しています。

それでも当ブログの記事は100%正しい!とは言い切れません。

ネット情報はもちろんのこと、雑誌や新聞書籍でさえも間違った情報があふれています。

ご自身を守るためにも、いくつかの情報を合わせて入手して判断されることをお勧めします。

今回の記事があなたの情報ソースの一つとしてお役に立てば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました