お金がたまる財布を持てば開運間違いなし、資産は億円を目指せ

日本ではお金の事を口に出すのは憚られます。
 
あまりお金の話しをすると、あいつはお金に汚い奴だと言われてしまいかねません。
 
ですが、みんな心の中では、「お金が欲しい」と思っていますよね。
 
働いても、働いてもお金が貯まらない!って?
 
いやそんなことはありません。お金は貯めようと思えば貯まりますよ。
 
意識をすれば、億円単位のお金が貯まります!!ホントの話ですよ。
 
そこで、今回はお金が貯まる財布についてのお話です。
 
ネット情報だけではなく、自分の経験を含めて書きましたので、ぜひ最後まで楽しんでください。
 

お金がたまる財布と使い方

jackmac34 / Pixabay

お金が貯まる財布についてはいくつもの考え方があちらこちらで言われていますね。
1. 折りたたみ式よりも長財布が良い
2. 最初に入れる金額がお金の貯まり方を決める
3. 財布にはお金を多く入れている方が良い
4. お札は種類ごとに分けて綺麗に入れる
5. レシートなどは溜め込まない
6. 気に入った財布を大事に使う
7. 黄色や黒など、風水を考えた色を選ぶ
8. お財布を買い換えるのなら春がいい

などなど

 
では、一つずつみていきましょうか。

1. 折りたたみ式よりも長財布が良い

e-gabi / Pixabay

迷信めいたものもいくつかありますが、これはある意味理にかなっていますね。

ちなみに私は、最近は常に長財布です。

そして、常に10万円以上は財布に入れてます。

そんなの落としたらどうするって?

いえいえ、気をつけるのでかえって落としませんよ。

(若い時はよく財布をなくしました(泣))

二つ折り財布はかさばります。

少しお金を入れただけで結構分厚くなります。出したお札も曲がっていて気持ちがよくありません。財布を机の上に置いた時、カッコよくないです。

二つ折りの財布が悪いとは言いませんし、 二つ折りにするとお金が苦しがってたまりません、などと迷信めいたことを言うつもりもありません。
 
お金が貯まるということは、お金をあまり使わないということか、お金がどんどん入ってくるということか、のどちらかしかありません。
 
長財布を使った方がお金がどんどん入ってくる、というのは何か信じられませんが、お金が出にくくなるというのはあるかもしれません。
 
長財布は二つ折り財布よりもかさばります。大きいですから。
 
なので持ち運ぶ時にも鞄に入れることの方が多いでしょう。
 
男性なら、内ポケットですかね。
 
カバンに入れると、いちいち鞄の中から財布を出さないとお金を使えないので、衝動買い抑えられるかもしれません。
 
ズボンの後ろのポケットに入れることもあるかもしれませんが、嵩張るのでその存在感を意識することになるでしょう。
 
つまりいつも財布の存在を意識するようになるので、紛失のリスクも小さくなると思います。
 
小銭入れのようなタイプで、札を折りたたんで入れて、小銭も入れてカードが数枚入るような財布があります。
 
これはこれで便利なのですが、これを財布と呼ぶかどうか?
 
そしてこのようなものでお金が貯まるかと言われると、???と言わざるを得ません。
 
ただし、例えば毎日決められた額のお金しか持ち歩かないようにするとか、
 
決められたカードしか持ち歩かないようにするとか、
 
そのような工夫をするのなら、このタイプの小さな財布も選択肢に入れていいかもしれません。
 
私もこのタイプの財布は持っていますが、今はほとんど使っていません。
 
お金が曲がって窮屈だから、長財布の方がよいと言うのはにわかに信じられません。
 
ですが、綺麗に揃えてお金を入れる、そんな意識を持つことがお金を貯めることにつながるのではないか、と考えています。
 
さらに、長財布は視認性が良いので、間違えて支払う危険性も減るでしょうし、お金を数えやすいと言う利点もあります。
 
結論:長財布はお金が貯まると言うことには一理ある。

 

2. 最初に入れる金額がその後のお金の貯まり方を決める

blickpixel / Pixabay

財布を買ってすぐにお金を入れます。
 
その時にいくら入れるかでお金が貯まるかどうかが決まる、と書いてある記事も結構あります。
 
お金がお金を呼ぶので、できるだけ最初は多くのお金を入れておきましょう。
 
できれば一週間ぐらいそのお金を入れておきましょう。
 
このように推奨されていると思います。
 
 
これについてはあまり論理性は感じられませんね。精神的なものでしょうか?
 
ただし、新品の財布に入れるお金が千円や二千円では寂しいので、やはりそれなりに入れたいですね。
 
見栄えがしましすもの。
 
結論:最初に入れるお札の量が、その後を左右すると言うのは信じがたい。だけどちょっと多めにいれてみたい!
 
 

3. 財布にはお金を多く入れている方が良い

jackmac34 / Pixabay

 
これは経験上、正解だと思います。
 
財布にはお札はもちろんのこと、クレジットカードやキャッシュカードを入れている人も多いと思います。
 
財布を落としたら大変なのです。
 
ある程度の大金を財布に入れていると、迂闊なことはできません。
 
私はこれで財布をなくすことがほぼ無くなりました。
 
しかし、財布にお金がたくさん入っていると、気が大きくなってたくさん使ってしまうのではないか?
 
そう思うかもしれませんが、ある程度たくさんお金を入れていると、不思議にお金を使いたくなくなるのです。
 
お金を使ってしまって、財布が細くなるのが嫌なのです。
 
もっとも、最近は、支払いは現金ではなくほとんどがクレジットカードやpasmoやApple payなので、お金が減っていくことはあまりありませんが。
 
少なくとも、たくさんお金が入っている財布を持っていると、注意するようになりますし、心が豊かになることは間違いありません。
 
ここで気がついた事は、最近はお金より電子マネーを使うので、財布を取り出す機会が少なくなっていると言うことです。
 
では財布の役割は何かと言えば、お札を使うことよりも、クレジットカードを出したり、貰った領収書をキープするために使うことの方が多いように思います。
 
その意味では、財布は貰った領収書をきれいに保存できるタイプのものがいいですね。
 
結論:推奨はしませんが、多めにお札が入っている方が良さそう。もらった領収書をお札と分けて収納できるタイプのものを選びましょう。
 
 

4. お札は種類ごとに分けて綺麗に入れる。

 
お札を種類ごとに分けて、綺麗に入れておく事には意味があると思います。
 
お金を払う時に間違いが生じませんし、自分が今いくら持っているかを数える時にも数えやすいです。
 
何よりも、自分がお札の上下を揃え、種類ごとに分けて財布に入れるというその行為が大事なのだと思います。
 
お金を貯めたいと思っている人が、お金を雑に扱っていてはやはりお金は貯まりませんよね。
 
人には潜在意識というものがあります。
 
お金を大事に思って、お金がその財布にたくさんたまることを願っていれば、そのような事象が起こってくるのです。
 
そのためには自分がそのような意識を持つことが大事なのだと思います。
 
結論:お札を種類ごとに分けて綺麗に入れることには意味がある。間違いない!
 

5. レシートなどは溜め込まない

Goumbik / Pixabay

 
レシートやら何かのメモやらをたくさん財布に入れている人を時々見かけます。
 
後で整理しようと思いつつも、そのままにしているのでしょうね。
 
レシートをもらって整理しようと思う気持ちは大事です。
 
ですが、財布に入れぱなしではダメでしょう。
 
せっかくレシートを財布と分けて収納できる財布を選んでも、これでは意味がありません。
 
できれば一週間に一回はレシートを全部取り出し、整理するように心がけましょう。
 
そうすることでレシートの整理もでき、財布もすっきりします。
 
 
お金とレシートがごちゃまぜになっている状況が悪いとか良いとか、そういう話ではないと思います。
 
先ほどの潜在意識の続きです。
 
あなたがどのような意識を持つかによって、お金が貯まるかどうかが決まるのです。
 
なので意識的に財布をきれいにするようにする事が大事だと思います。
 
結論:レシートを溜め込まず財布をきれいにすることには意味がある。
 

7. 黄色や黒など、風水を考えた色を選ぶ

Myriams-Fotos / Pixabay

 
財布を選ぶときには風水を考え色を選ぶべきだという考え方があります。
 
確かに運気の話をしているわけですから、できれば良いと言われる色を選びたいですね。
 
風水などのロジックはよくわかりません。
 
言えることは、これらの言い伝えは、ある意味、統計学なのだと言う事。
 
なので、一概に否定はできません。
 
財布として良い色と言われているのは、黒や茶色、ピンク、ベージュです。
 
逆に避けた方がいいのは、赤色や青色だそうです。
 
黄色は最強だけど、出入りが激しいとか。
 
こちらのページが詳しく解説していますよ。勝手にリンクしています(すみません)
 
 
結論:風水を考えた色選びには意味はある。無難なのは黒や茶色、ピンク。
 

 8. お財布を買い換えるのなら春がいい

Soorelis / Pixabay

 
春は新芽が芽吹いてこれから成長していく時期であるから、その時期に財布を買い換えるのが良い、とか、
 
春日=張る日=財布が張る=お金で膨らむ、だから春がいい。
 
 
 
など諸説があるようですが、どれも少し説得性には欠けます。
 
これも言い伝えなので、ある意味統計学なのでしょうが、あまり気にする必要はないのではないでしょうか?
 
気分の問題ですね。春は、さあこれから頑張ろうという気分になることが多いかもしれませんから。
 
縁起担ぎということで春の方が良いということにしておきましょう。
 
結論:財布を買い換えるなら春の方がいいというのは自分の気分次第。
 

まとめ

nattanan23 / Pixabay

 
さて今回は巷で言われるお金の財布とその使い方について調べてみました。
 
理にかなったものと、迷信めいたものが混在していましたね。
 
 
 
 
 
これまでの私の経験から、お金が貯まりやすい財布とか、貯まりにくい財布というのはあると思います。
 
使いやすい財布とそうでない財布というのもあります。
 
 
 
 
 
使いやすい財布がお金を貯めやすい、あるいは貯まりやすい財布とは限りません。
 
お金が貯まる財布というのは、お金を大事にしてお金を貯めようと思う気持ちになれる財布だと思います。
 
その意味では、自分が気に入った財布を持つというのはとても大事だと思います。
 
あまり何でもかんでもが入るような財布よりは、スマートな財布の方が良いでしょう。
 
長財布であれば、通常お札は100万円程度入るように設計されているはずです。
 
もちろん100万円を入れて、いつも持ち歩く必要は全くありません。
 
ですが、そこにすっきりと整理してお札を入れて、必要なカードを数枚持ち歩けばとてもスマートです。
 
財布を触るたびに嬉しいと思える財布を持ってみてください。
 
そして、「よしここに100万円入れるようにしよう」
 
そのように心に念じてみてください。念じ続けてください。
 
きっとそう遠くない将来に、あなたの財布には100万円が入っていると思いますよ。
 
あなたの気持ちを高揚させる財布。その結果あなたに良い運気が巡ってくる。
 
あなたの運気が向上して、努力が実ることを信じています。