海外旅行の財布のおすすめタイプはこれ!失敗しない旅行の極意!

節約
skeeze / Pixabay
スポンサーリンク

海外旅行って、、楽しいですよね!
日本と違う空気!雰囲気!景色!食べ物!

何から何までが自分をウキウキさせてくれます。
ですが世界一安全な国と言われている国から外に出る海外旅行。

一番多い被害は、スリやひったくりでしょう。

日本と同じ感覚ですと、財布や肩にかけたカバンは狙われやすいです。

私も過去に、財布を取られそうになったり、カバンを盗まれた経験があります。(パスポートを入れていなくて本当に良かった!)

せっかくの楽しい海外旅行ですから、台無しにしないように用心してお出かけしたいですね。

今回は海外旅行に持っていきたい犯罪にあいにくいおすすめの財布についての記事です。

スポンサーリンク

日本で生活するのと海外に旅行するのは違う。海外旅行用の財布選びのポイント

日本で生活するのならば、お金の貯まる財布を持ちたいです。

しかしそれをそのまま海外で使う事はオススメしません。そんなカッコいい財布!スリのターゲットですよ!

と言うとで、海外旅行に行くのならお気に入りの普段使いの財布と共に、海外旅行中に使う財布を持っていい事をお勧めします。

そして、お気に入りの財布はホテルの金庫にまさかの時のために入れておきましょう。

海外でお金を使うなら快適に支払いを済ますことができ、かつスリなどの被害にあいにくい財布を選ぶべきです。

では使いやすくて被害に合わない財布とはどのようなものでしょうか??

今回は、私のこれまでの数十回の海外出張や海外旅行の経験からおすすめの財布についての考え方を書いていきますね。

  1. 現金は最小限で出しやすい
  2. カードが3枚は入る
  3. 出来るだけ小ぶりでポケットに入るサイズ
  4. 小銭はポケットか小銭入れ、又は百均の小物入れで対応
  5. パスポートは別に管理
  6. チェーン付きはオススメはしない

では順番に見ていきましょう!

海外旅行では現金は最小限で出しやすい財布がオススメ

stux / Pixabay

海外旅行では現地通貨、現金が必要です。
最近は現金を使わなければならないシーンは減っているのですが、それでもチップを支払ったりちょっとした小物の購入には現金という場合もあります。

また自動販売機やバス、電車・タクシーなども現金でないと乗れない国もあります。

ですが多くのことはクレジットカードで済みますので現金の所持は最小限にしたいものです。

特にチップを渡すたびに財布を取り出してお札を出していてはスリに狙われますし、スタイリッシュではないですね。

少なくとも欧米人でチップを財布から出して渡している人を私は見たことがありません。

 

おすすめは、小ぶりの財布をズボンの前ポケットに入れて身軽でいることです。

現金は経験上30〜40ドルもあれは十分ですよ^_^

どうしても足らなければ町のそこら中にあるATMで現金はおろせます。

えっ?どういう事

って?

あなたは現金をどうやって現地の通貨に両替していますか?

多くの場合出発前の空港で現金を得ているのではないでしょうか?しかもまとめて10万円とか。

ですがそのような方法ですと、結構な手数料を取られ、盗られたら終わり。

そこで、力手数料を少なくして、スリにあっても損害が少ない、おすすめの方法を伝授しましょう。

日本での生活なら絶対おすすめしない方法ですが(笑

 

クレジットカードのキャッシングを使ってください。
クレジットカードのキャッシングには利息がつきます。
ですが数万円のキャッシングであれば大した利息はつきません。
翌月一括払いあるいは帰国後一括払いをすればほとんど利息はつかないのです。例えば、$1,000を現地で引き出して、金利18%の場合、翌月一括返済(約25日後に返済)とすると、110,000円x0.18/365×25=1,356円となります。
空港で両替すると、おおよそ3,000〜4,000円の為替手数料を取られますので、絶対にお得です。ぜひ試してみてください。しかも、こまめに少額を引き出せば落としても、盗られても被害は最小です!

 

海外旅行にはカードが3枚は入る財布を!

クレジットカードは最低2枚持って行きましょう。
できれば3枚持参するのが望ましいと思います。

持ち歩くのは2枚。3枚目は予備でホテルの金庫保管。

財布にはクレジットカードと共にホテルのルームキーカードが入ればいいですね。

Republica / Pixabay

クレジットカードは磁気不良や何らかの事情で使えないこともあります。

(日本で発行されたカードを受け付けない自販機などもあります)

DinersとVISAなど、 ブランドの違うカードを持参してくださいね。
これで多少の現金があれば、お買い物で困ることはまず考えられません。

ただし今回お勧めする方法であってもやはり財布をすられたり落としてしまうこともあるかもしれません。

そうなった時に困らないように、予備のクレジットカードを1枚ホテルの金庫に入れておきましょう。

これでどんなことがあってもあなたは今回の海外旅行を楽しめます!

クレジットカードはたとえ盗まれたとしてもすぐに使用を止めることができますし、不正に使用されても支払う必要はありませんので安心です。

又、最近のホテルはカードキーになっている事が多いです。それも一緒に入れられれば便利ですよ。

 

海外の小銭はポケットか小銭入れ、又は百均の小物入れで対応

DizzyRoseblade / Pixabay

海外で現金で買い物をすると、使い慣れない外国のお金ですので、小銭がどんどん溜まってしまいます。

私は基本的にズボンのポケットに小銭を入れています。出来るだけ小銭が増えないようにする為です。

 

できるだけ溜めないで、次のお買い物の時に全ての小銭をカウンターに出します。
自分でいちいち数えるのは時間の無駄なので、店員さんに必要な小銭を取ってもらいます。

そんなことするのは恥ずかしいとか申し訳ないという考えは全く必要ありません。

自分で小銭を選ぶ必要もありません。

Please take this change!

これでOK!

 

小銭を全部出して、残りはクレジットカードで支払う事もよくやります。

小銭を出してから、

May I pay remaining by credit card?

で通じます。

 

小銭は日本に持って帰っても両替することができませんので、できるだけ使い切りましょう。

ズボンを履いていないし、ズボンのポケットに小銭を入れるのは嫌だな

というあなたには!

月並みですが、別途小銭入れを持参することをおすすめすします。日本で小銭入れを使っているのでしたらそれを持参しましょう。

日本で小銭入れを使っていないのでしたら、100均で売っている小物入れの袋を持って行けば良いです。結構重宝します。

パスポートは別に管理

geralt / Pixabay

基本的にどの国においても、海外からの旅行者は常にパスポートを携帯している必要があります。

なので財布とパスポートが一体になったものをおすすめしているサイトもあります。

財布とカード入れとパスポートを一つにまとめられたら便利!そう思われるかもしれませんね。

ですが私はそれをお勧めできません。実は海外でパスポートの提示を求められることは滅多にありません。

年齢確認が必要な時や、ホテルでのチェックインの時ぐらいでしょう。

財布はスリの対象になりますが、パスポートを狙うスリはいませんよ^_^

しかし、パスポートも一緒に入れられる財布はどうしても大きくて目立ち、かさばります。それだけ失くしたりすられる確率が上がります。

パスポートを落としたり取られたりしてなくしてしまうと大変面倒なことになります。

現地の日本大使館に行って再発行してもらわなければなりませんが、再発行までに一週間、帰国のためだけの渡航書の発行でも数日かかります。当然、警察に言って大使館に行ってと大騒ぎです。

場合によっては予定の便で帰国できなくなってしまいますので、パック旅行で行かれているような場合には大変な出費となってしまいます。

なのでパスポートは別途肌に身につけているようにしましょう。

 

私の場合は、仕事の際にはワイシャツの胸ポケット。遊びの時には斜めがけバックの中、あるいはボディバッグの中に入れています。勿論そのバッグは体から離しません。

旅行グッズとして下着のようなものにパスポートを入れるグッズがありますので、心配な方は使ってもよいでしょう。ただし個人的にはあまり実用的だとは思えません。

時々おじさんが人前で服をはだけてパスポートを出しているのを見かけますが、ちょっと恥ずかしすぎます(笑い

 

注)ショルダーバッグやボディバッグは、日本と同じ感覚で持っていては駄目です。
ショルダーバッグは斜めがけにして体の前に。同様にボディバッグも背中に背負うのではなく体の前で持ってください。
バッグを体の後ろに回しているとスリや窃盗にあうと思って間違いないです。特に一見して観光客に見えるあなたは格好の餌食になっています。

私も過去にスリに遭いましたし、ベンチに座って体の横に接触させておいていたバッグをほんの数秒よそ見しただけで取られてしまった経験があります。

相手はプロなので、防御の方法は肌身離さず体の前で持っているしかないのです。

チェーン付きはおすすめしない。


提供:楽天市場

わざわざ海外旅行のためにチェーン付きの財布を購入することはお勧めしません。

ごつい財布にクレジットカードやら財布を入れていると必ずスリのターゲットになります。

そこに財布があることがバレバレ。しかもごついので結構な額が入っているように思われる。

スリはあなたのふっとした瞬間をずっと覗っています。

ですが、もしあなたが普段からチェーン付きの財布を使っているのでしたら、そしてそのチェーンが頑丈なものなら、使い慣れているでしょうからそれを持参しても良いと思います。(それでもオススメはしませんが)

ただしその場合も、既に述べましたように現金は最小限、そしてクレジットカードは2枚とした方が良いでしょう。

長財布をお尻のポケットに入れるのは、盗ってくださいと言っているようなものですからね。

オススメの財布5選

では、上記ティップスを踏まえた上のでオススメの財布をご紹介しましょう。

私のオススメは、マネークリップ式の財布です。

クレジットカードは当然2枚入り、お金をクリップで挟むタイプです。

できるだけ薄いタイプがいいですね。

これをズボンの前ポケットに入れます!これですられることはまずありえません。

カバンなしでも出かけられます。

しかも!

マネークリップはチップを支払うときに、実にスマートにドル札を渡せます!

ということで、まずはこちらの楽天売上No.1のマネークリップ!

カードは当然2枚以上、最大5枚まで収納でき、驚くほど薄いです!とってもスタイリッシュな財布。

男女兼用で行けると思います!

楽天ショップで購入できます。


限定販売のミラー版もありますよ。どうですか?見たことないシェイプですよね!

 

続いて、私が使っているTUMIのマネークリップ

これもスタイリッシュで薄く、幅が狭くてかさ張らず重宝しています。

 

見た目がかっこいい革製マネークリップ

こちらもオススメです。とても薄くて機能的で安い!なのにちゃんと革製です。光沢があって安いのに高級感があります。もちろんレディースでもOKでしょう!

 

カーボンレザーがいかしている!

こちらはメンズ、レディース兼用のカーボンレザー製です。革表面に傷が付きにくいので長く使えます。

 

色が可愛くて小銭入れもついている!

こちらはどちらかというとレディース仕様のかわいい色使い。ちょっとだけ小銭も入ります!

 

海外で財布を紛失したり盗られた場合の対処方法

どんなに用心しても、財布をなくす事はあるでしょう。

そこで、万が一財布を紛失したりとられたり

1. まずはカード会社に連絡する。これで基本的には不正使用されても、支払義務はなくなります。ブラックやプラチナクラスのカードの場合、現地での翌日発行も可能ですので合わせて尋ねてみて下さい。

2. 警察に紛失届、又は盗難届を提出し、その控えをもらう。これがない場合、不正使用の支払いを請求される事もあります。カード会社に連絡した際に、不正使用履歴がなければならほぼ必要ありませんが、念のためです。

注)海外旅行保険では現金の紛失盗難の補償はありません。つまりカードを止めることが最重要事項です。だからこそ、財布は小さく必要最小限の現金にみにすべきなのです。

 

まとめ

せっかく取れた休暇で楽しむ海外旅行です。

不安なく思いっきり楽しみたいですよね。
楽しむことが目的なのですから、必ずしも普段使っているお気に入りの財布を持っていく必要はありません。

できるだけ身軽に最小限の持ち物で出かける。

財布も同じだと思います。

できるだけコンパクトに、支払うときに戸惑わずにさっと支払いを済ませられる。
そのような観点から今回は海外旅行に持って行きたい財布をご紹介しました。

たとえあなたが旅慣れていたとしても、 時差で疲れていたり、見たこともないような景色に見とれてしまうこともないとは言えません。

今回の記事を参考に、あなたのお気に入りの海外旅行用財布を見つけてください。