ビットコインって何?素人にもわかる違いを簡単に知りたい!

投資
Tumisu / Pixabay
スポンサーリンク

こんにちは、Coloです。

さてさて、巷では仮想通貨が流行り出していますよ。既に旬は過ぎた?いえいえこれからです(一般の人には)。徐々にに普及してきていますが、まだまだ日本での普及はこれからといったところ。

それでも何だか胡散臭くて、よくわからなくて、その価値が暴落したり、無くなったりするんじゃない?との不安感の方が強いのかもしれません。

ですが、この仮想通貨、近い将来に世界を変え、なくてはならない存在になると言われています。あーあの時もう少し勉強しとけばよかったとならないように、

そこで、今回は仮想通貨についてわかりやすく解説してみます。これであなたも仮想通貨を持ってみたくなるはず!?

スポンサーリンク

仮想通貨って何ですか?

日本では仮想通貨って言われていますが、世界では暗号通貨(Crypt Currency)と言われています。通常流通している貨幣のようにコインや紙幣が発行されることなくデジタルの世界でのみ存在する通貨です。

2009年に発表されたサトシ ナカモトという人物の論文が始まりで、そこからビットコインが考え出されました。それまでにも仮想通貨、暗号通貨はあったのですが、現在のような分散化承認システムによって堅牢なシステムになった最初の通貨がビットコインだと言われています。

その特徴は、政府や中央銀行が関与していないということ。特定の国がその国の信用力で発行している貨幣ではないんです。

そして、ブロックチェーンと言われる堅牢な暗号化システムによって成り立っています。

ブロックチェーン、仮想通貨やるなら知っとくべき!基礎編
こんにちは、Coloです。 生きていくためにはお金が必要、ということで仮想通貨に興味を持っている人もたくさんいらっしゃると思います。2017年は仮想通貨が爆発的に値を上げて、億り人という言葉ができたくらいですからね。 でも、いま...

ビットコインは仮想通貨ですが、仮想通貨=ビットコインではなく、他にも様々種類があるということです。ビットコインが中心なのですが、他の通貨をアルトコイン(別の通貨。代替通貨)と呼んでいます。

  • 仮想通貨=暗号通貨
  • 政府や中央銀行は関係ない
  • 主流派はビットコイン
  • ビットコイン以外をアルトコインと呼ぶ
  • ブロックチェーンと言われるシステムで成り立っている

ビットコインとアルトコインの違いは?

ビットコインは現実世界での基軸通貨ですが、既に2000種以上ものアルトコインが存在しています。

https://coinmarketcap.com/より引用

上記は、コインマーケットプレースからの引用ですが、ビットコインがダントツで、続いてイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュとなっています。

発行量の違いだけではなく、ビットコインとアルトコインでは大きな違いがあります。

ビットコインが実験的に開発された仮想通貨であるのに対して、後発であるアルトコインは将来を見据えてその欠点を補うように開発されています。

仮想硬貨の世界ではビットコインが基軸です。現実世界でのドルが基軸通貨であるのと同じような状況です。

この稿ではそこまで詳しい説明を期待していない?と思いますので、できるだけ簡単に説明します。

Rippleとは

送金システムを簡便、迅速に行うためにRipple.Incにより開発されました。

もちろん分散型台帳システムですが、独自のアルゴリズムを用いて管理しています。リップルから信認された複数のバリデーターがお互いに取引の承認を行っています。

ビットコインでは承認した人(コンピュータ)に新規のビットコインが与えられますが、リップルでは承認した人(コンピュータ)に報酬が発生しないことが大きな違いと言えます。

また、ブロック生成速度が素晴らしく早いので、ビットコインが10分かかるのに対して、おおよそ5秒で取引が承認されます。

Ethereum イーサリアムとは

ビットコインに次ぐ大きな発行量のある通貨です。

基本設計はビットコインと同じと考えてよいでしょう。分散管理であり中央管理システムはありません。

ビットコインが開発と同時にその発行上限を2100万BTCまでと決めたのに対して、イーサリアムでは上限は現時点では決められていません。これが何を意味するのかはまた後日記します。

ビットコインではマイニング、つまりその発掘はPOW(Proof of Work)といわれ、より多くの労力を早く達成した者が報酬を得る仕組みになっています。たとえ同時に解を出したとしても報酬は1名だけなのです。

そしてそれはほぼランダム決めれるといいます。それがために一儲けしようと熾烈な競争が起こり、現在では一般のPCではとても報酬を得ることはできなくなってしまいました。

もマイニングで儲けられるようなことを宣伝して投資を募るサイトがありますが、利益得ることはあり得ませんのでご注意を。

一方のイーサリアムは、現時点では同じくPOWですが、同時に解を出した人には1位になった人に加え、敗れた人にも一定の報酬が支払われる仕組みを導入しています。

さらに、その欠点を理解して将来にPOS(Ploof of Stake)を導入することになっています。これはどういうことかというと、POSでは、イーサ(ETH=イーサリアムの1単位)を所持しはじめてからの期間とその所持量を考慮して、それら長期大量保有者に有利になるようなシステムです。先行者利益が生じますが、力に任せての高機能なコンピュータの導入合戦にはなりませんよね。

この発想が、ビットコインとの大きな違いであり、将来性の観点からイーサリアム有利と言われる所以です。

決済速度は15秒程度です。

Bitcoin Cashとは

ビットコインから枝分かれした誕生した新通貨。2017/8/1に誕生。ビットコインの欠点である承認スピードの遅さを解消し、セキュリティーをさらに強固にしたシステムなのですが、実際にはそれほどの承認スピードは得られず、マイニングにはビットコイン同様いや、それ以上の高機能なスペックのコンピュータが求められ、マイナーへのインセンティブが働かず導入初期には暴落して始まりました。ただし、徐々に改善がなされ、将来ビットコインに取って代わるシステムだと認識されています。

NEMとは

日本人が開発に携わったシステムです。公平性の高さを目指して開発されました。

ビットコインが爆砕な資金を投入してマイニングすることでより多くの報酬を得られる仕組みなのに対して、NEM(ネム)の場合は、より多くのNEMを持っていることも重要ですが、より積極的にシステムに参加していること、つまり取引した額や、頻度なども考慮されます。お金持ちだけが報酬を得られるシステムを一線を画していますね。

まだ上記ランキングにも入っていませんが、注目株としてご紹介しました。

決済速度は約1分です。

ということで、主だったアルトコインを見てみましたが、それぞれに特徴があるものの、これが一番というところまではいかない感じです。

現在のところイーサリアムそしてリップルがビットコインを追い上げそうな勢いではありますが、まだ確定的とは言えないようです。

最後にビットコインがどこで使用できるかのマップがありますので、それのリンクをおしらせしておきます。

coinmap.org - Bitcoin accepting shops, ATM's & venues.
Global database of venues accepting Bitcoin. Find nearest ATM, bar, shop or nightclub accepting Bitocin!
タイトルとURLをコピーしました