仕事がない!ハローワークとネットの職業紹介会社どっちが役に立つ?

就職・転職
designedbyjess / Pixabay
スポンサーリンク

こんにちは、Coloです!

世の中景気が良くなったのかどうかあまり実感がわきませんし、逆にAIの進化で?リストラや早期退職の話もよく聞きます。

早期退職制の場合には会社がリクルート会社を斡旋してくれますが、実はあまり期待できません!

良い仕事を見つけるには自分で動かないと、成功しませんよ!

ということで、本日は公共職業安定所、いわゆるハローワークと民間職業斡旋について、です。

PublicDomainPNG / Pixabay

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハローワークって、どうなんだろうか?

で、職を失った場合に一度は訪れるのが職業安定所、いわゆる職安というところですね。公共の機関ですし、失業保険をもらうにはここに行かないともらえないので、一度は行くはずです。でも職を失ったことのない人にとってはあまり縁のないところではないでしょうか?

ハローワークではその地域のあった職業を斡旋してもらえます。必要な情報を入力することで誰でも使用することができますし、専門のカウンセラーもいますので、仕事について色々と相談にも乗っていただけますよ。

で、肝心の仕事なんですが、、、

あまり期待できませんね。

思ったような仕事はほとんどないと思っていいと思います。

特に中高年の場合には期待できませんね。

 

職業安定所で仕事を募集している企業は中小零細企業が多いのですが、その割に要件が厳しいですよ。

どうしてこのレベルの企業がこんな要件で募集しているのかな?

ということもしばしばあります。

ダメ元で募集して、いい人がいたら雇用しようということでしょうか?地場の付き合いで募集かけてほしいと依頼されることもあるとか。

もっとも、比較的年齢も若くて、それほど高望みをしていないのでしたら職業安定所で仕事を見つけることも可能かもしれません。

中高年の場合は相当に厳しいです。特にそれなりの企業に勤めていてリストラにあったような方の場合には、嫌になる程職はありませんので、期待しないで、失業保険をもらう場所!って割り切ったほうがいいかもしれません。

ただし、公共職業安定所は仕事の斡旋だけではなく、職業訓練の場でもあります。

これまでやったことない仕事に就くために必要な技能を比較的安価で身に付けることができるので、それらが必要な人には価値のある場だということになります。

 

それでは、ネットの職業紹介会社はどうでしょう?

Mediamodifier / Pixabay

 

ネットとは限りませんが、ネットで応募できる職業紹介会社を調べてみました。有名なとことではリクルートやビズリーチ、Dodaなど。

結構な数の会社がネットで職を紹介していますね。必要情報を入力すると登録されて、応募中の職を閲覧できて応募もできるようになります。

いくつかの会社は履歴書の書き方や面接の仕方まで丁寧に掲載してたりして、とても役に立ちます。

彼ら職業斡旋業って、その案件が成立すると年収の20−30%を報酬として得ることができる一方、ほとんど経費がかからないので、うまく運営すればとても儲かる商売なんですよ。しかも困っている人の役に立つわけですから、良い仕事です!

で、肝心の職業の内容ですが、こちらは流石にそれなりのお金とって、お金かけて運営しているだけあって、それなりの仕事が見つけられそうです。もちろん、採用されるかどうかは別問題ですが。

ただし、有名企業や待遇の良い企業は競争が激しいので、狭き門であることは間違いないです。

しかもその門は限定1席であることがほとんどですので、実績、経験があって即戦力になる人でないと採用されません。新たな職業や部門にチャレンジ!なんてことはほぼ不可能だと思ったほうがいいです。

もちろん、経験不問、という募集もあるので諦める必要はありませんよ。特に成長途中の企業で新設部門の募集や、新規出店、新地域への進出などの場合は狙い目です!チャレンジ精神で応募してみましょう。

じゃあ、オススメの職業紹介会社はどこなの?

って、質問になりますよね?

はい、ズバリその会社は、、、と言いたいのですが、残念ながらここが一番という会社はありません。

資金があるクライアント(募集をかかけたい会社)は複数の会社に登録しますが、それでも全ての会社に依頼するわけではありません。どこか一社だけに依頼することもあり得ます。

なので、リクルート社でいい会社がなかったから諦める、のではなく、主だった所には一通り登録して自分の希望に即した応募がないかを調べることは重要な最初のステップだと思います。

大手の職業斡旋会社に登録して希望の職がなかったら落ち込むかもしれませんが、落ち込んでいる暇はありませんよ!一社だけ受けて合格することの方が珍しいと覚悟して、どんどんトライしていください。きっといい会社に巡り会えますよ!

もしあなたが20代なら、DYM就職はオススメの一つです。相談からの就職率は96%
専門のコンサルタントがあなたを助けてくれますよ! 

書類選考で落とされることなく、面談にも漕ぎつけれられます。
最短1週間で入社可能!DYM就職

 

もしあなたが、中高年で、仕事を探してもろくなものがない!と落ち込んでいるのでしたら、タクシードライバーというのも選択肢に入れてみませんか?

じつはこれ、意外と狙い目の仕事かもしれませんよ。

タクシー運転手への転職の不安を払拭|中高年に最適な理由!
タクシー運転手は中高年の再就職先として適切なの?タクシー運転手に応募してみたいけど巷ではタクシー会社はブラックだとか、継続することが難しいというようなネット投稿もあって、なかなか踏み切れないでいるあなたへ。知らない世界だからこそ不安...