ピタでんの評判は?Looopでんきと価格戦争、どっちが安い?!

ピタでんって、あまり聞かない名前ですけれども、電力比較サイトでシミュレーションをしてみると、おすすめの新電力会社としてよく出てくるようになりました。

確かに料金は安いように見えます。しかも固定料金制なので料金は分かりやすいですね。

そこで、今回ピタでんについてその評判や実力を調べてみました。すると非常に興味深い状況が明らかになってきましたのでシェアしますね!

まさしく業界人気No.1のLooopでんきへの殴り込み!同じシステムで価格下げてシェア取り戦略、さあどっちが安い!?という感じです。

対するLooopでんきも黙ってはいません。

まさしく価格戦争の幕開けです。

これはしばらく目が離せませんよ!

ピタでんとはどこの会社のサービスなの?

まずはピタですが、ピタでんとはF-Powerという会社が行っている家庭向け新電力供給事業のサービス名なんです。

F-Powerha1997年5月2日に設立された株式会社ファーストエスコが会社分割し、2009年4月に設立された電力供給事業会社です。

2011年4月から中部地域で電力の小売を開始。
つまり産業用の電力小売りに参入した会社ということになります。

電力供給専門会社ですね。

産業用電力小売事業としてはシェアNo.1だと言われています。

しかし、2017年8月には不適切な需要計画及び調達計画を頻繁に提出したとして、経済産業省より業務改善命令が出されたという経緯があります。

F-Power社はこれまで代理店を通してのみ電力を供給していました。

つまりこれまでは力を入れていなかった一般家庭向け電力供給に対して、2018年夏頃から力を入れ始めているのが「ピタでん」ということになります。

これまでの料金体系を見直し、家庭向け電力供給でシェアを伸ばすLooopでんきと同じシステムを入れて、シェアを奪う戦略のようです。

ピタでんーF-Powerの事業背景

ピタでんはこれまでは産業向け電力供給を主にしていました。

ここに来て家庭向け電力供給事業に力を入れだしたのは、何か理由があるのでしょうか?

すでに産業向け電力供給事業は飽和に近づいていると言われています。

また価格競争が勃発し、電力供給を受けている企業は数ヶ月ごとにより安い電力会社に変えているとも言われています。

そのような状況下でのピタでんの家庭用電力供給事業強化です。

販路を増やすことによる利益確保というところでしょうか?

不慣れな販路ののためか、顧客対応の評判は改善を必要とする状況です。

また、残念ながら力を入れだした矢先の2018年8月3日、顧客に十分周知せずにいつ解約しても解約違約金がかかるように規約を変更したとして、2度目の業務改善命令が出されています。

電力の確保には特徴があります。

ピタでんは天然ガスによる小規模火力発電所の電力を解約により全量買い入れています。

量としては多くないのですが、独自戦略です。

他の新電力会社が卸から電力を全量買い付けているのとは異なる、独自仕入れルートを有しています。

また小規模ながら自らも発電所を有しています。

家庭向け新電力供給事業としては、

毎月500kWhまでは定額料金で利用できる使いたい放題プランと、

基本料金なしの一律固定料金制を敷いています。

ただし、使いたい放題プランはよほど電気使用量が多い家庭でないと、かえって損する可能性があるので、中止してシミュレーションしてください。

ピタでんの特徴

  • 電気の品質は今ままでと同じ
  • 停電が増えたり、電力供給が不安定になったりということは一切ありません
  • 火力発電所の電力を採用
  • 安い!
  • ブレーカー落ちの心配なし
  • 基本料金0円
  • 固定料金制
  • 解約違約金あり(二千円+消費税)

 

Looopでんき

対するLooopでんきは、事業開始時より基本料金を廃止して、料金がとにかく安いということで評判を呼び、人気No.1となった新電力会社です。

最近は、Looop電気と同じく基本料金なし、固定料金制、というシステムを取り入れている会社も増えてきています。

それでもLooopでんきがほとんどの地域で最安値で頑張っていました。

Looop電気は3.11 東日本大震災を気に被災地に太陽光発電所を設置するボランティアから始まった会社です。

電力確保の特徴として、自然エネルギーを重視して運営している会社ということになります。

自ら太陽光発電所も有しています。

Looopでんきの特徴

  • 電気の品質は今ままでと同じ
  • 停電が増えたり、電力供給が不安定になったりということは一切ありません
  • 太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギーを採用
  • 安い!
  • ブレーカー落ちの心配なし
  • いつでも解約OK
  • 解約料0円
  • 基本料金0円
  • 固定料金制

ピタでん VS. Looopでんき

geralt / Pixabay

Looopでんきは、複雑な料金体系を廃止し、基本料金0円。地域による一律の従量料金というシンプルでわかりやすい料金体系を提供することにより、人気No.1の新電力供給会社となりました。

それな対抗してピタでんはLooopでんきの料金体系と同じで、さらに1円程度単価を安く提供して殴り込みをかけたのです。

安さは何よりの武器ですからね!

なので、ここに来てピタでんの評判をネット検索する人が増えて来ていました。

正直なところ、ピタでんの提供する価格は最安値のひとつといえます。

ところがこれを見たループ電気も黙ってはいません。価格を下げて対抗わ始めました!

地域によって差はあるものの、あなたのお住まいによってはLooopでんきの方が安い価格を提供しています。

両者とも基本料金はかかりません。なので従量料金が安ければダイレクトにその分、電気代が安くなると考えてよいでしょう、

ただし一点注意事項があります。

ピタでんは、いつ解約しても解約料金がかかります。
対するLooopでんきに解約料金はありません。

では、その点を踏まえて、現時点の両者の従量料金を比較してみましょう。

ピタでんとLooopでんき価格を比較、どっちが安い!?

エリアLooopでんきピタでん
北海道電力29円28.25円
東北電力26円25.25円
東京電力26円25.25円
中部電力26円25.25円
北陸電力21円25.25円
関西電力22円21.20円
中国電力24円25.25円
四国電力24円25.25円
九州電力23円25.25円

地域によって勝敗が異なります。

さて、いかがでしょうか?

この2ヶ月ほどはピタでんが圧倒的に安かったのですが、ここにきて大きな差はなくなりました。

一部地域ではピタでんの勝ち、一部地域ではLooopでんきが勝っているという激戦状態です。

サービスの情報と価格の情報は出揃いました。

単に値段だけで決めるのか、顧客対応と解約金を考慮して決めるのか?

私のオススメ

ここで目の当たりにしているように、今後も価格競争により価格が下がる可能性は否定できません。

その観点からは、少なくとも現時点でLooopでんきの価格が安い地域では、迷わずLooopを選ぶのが正解です。今後どこかの時点で他の会社がもっと安い価格を提供してきたら、その時点で切り替えればいいのですから。手数料も手間もかかりません。

私もLooopでんきを使っています。切り替えて損することはないですし、手続きも超簡単ですよ!

Looopでんきのシミュレーションと申し込みはこちら

一方、現時点でピタでんの方がLooopでんきより安い場合には、少しだけ考えてください。

もし、一月の平均電気使用量が400Kwhで、ピタでんの方がLooopでんきより一円安ければ、400円安いということですね。

つまり、向こう5ヶ月の間にピタでんより安い価格の会社が出てこなければ、ピタでんが価格的には最もお得ということになります。

あとはその顧客対応について、どう考えるかだけですね。

 

Looopでんきのシミュレーション申し込みはこちら

ピタでんのシミュレーション申し込みはこちら

 

 

関連記事